ベーシッククラスの主旨

ベーシッククラスでは、実戦合気護身武道の基本となる部分を分かりやすく丁寧に指導します。ここで学ぶことは後に続く技法の基礎であり、また大事な極意が含まれています。初心者はまずこのクラスからスタートし、基本をしっかりと習得したうえでマスタークラスに進むのが理想です。

Body Operation Training
身体操作トレーニング

実戦合気護身武道ではまず基本を重視します。技法に入る以前に正しい身体の遣い方をしっかりと習得してもらい、基本が的確に技法に反映されるよう段階的に基本を学んでもらいます。スワイショウで身体を緩め血流を良くし、立禅で「氣」を整え、合気の基本動作で正しい身体の運用法を習得します。

Aiki Basic Training
合気の基本

ベーシッククラスでは合気上げや合気手解きなどの合気の基本を毎回繰り返し徹底して練習します。「基本にこそ極意あり」と考え、何度も何度も繰り返すことで合気の大事な部分をこの稽古から掴んでもらいます。

Blind Grappling
目隠しグラップリング

目隠しグラップリングは視覚を遮断した状態で掴みかかってくる相手の力を感じつつ、外したり、いなしたり、崩したりする訓練です。視覚を遮断するという不利な状況下で、皮膚感覚など他の感覚器官を最大に研ぎ澄まし相手の攻撃から自分の身を護ります。また五感をフル活用しながら最大限の能力を発揮してエスケープしていくなかで、自らの眠っている本能を引き伸ばしていきます。

Mitt Training
ミットトレーニング

護身術では当身(膝蹴りや掌底打ち)も当然使います。しかし護身術での当身はその場からエスケープする目的のみで相手を打ち負かすようなものではありませんので、誰でも今あるポテンシャルを最大限利用して一撃で効くような有効な当身を訓練します。これをパンチングミットやキックミットを使用して繰り返し練習することでイザという時に備えます。

Self-Defence Technic
護身術の技

ベーシッククラスでは合気系の柔術技法を中心に学びます。実戦での緊迫した状況で柔術的な技を使用するのは非常に難しいですが、技がかかるか否かより、基本的な力の使い方、身体作用の基本を習得するために行うものであります。柔術技法にこそ実戦合気護身武道の奥義が込められており、これを習得することで次の対打撃や対武器技法がより生きてきます。

お気軽にお問合せください!