About HIRO KUROKI

ヒーロ黒木代表について

剣護身術代表:ヒーロ黒木

Tsurugi Self-Defence Master : HIRO KUROKI

剣護身術 代表
一般社団法人 国際護身武術連盟『剣』 代表理事
大東流合気武道(時宗伝) 四段(師範)


 
イジメを克服するために13歳から武道(実戦空手)の世界に入り、それから高校卒業まで滝行など自然に囲まれた環境の中で修行をする。映画「ランボー2」を見て衝撃を受け、孤高の戦士の姿に憧れて自衛隊入隊を決意。
 
自衛隊入隊してからは訓練以外に肉体と精神を鍛える日々を送る(教育隊の時、教官からは「ランボー黒木」と呼ばれていた)。なぜか教育隊(110名)で成績が1番になり行事などで指揮をとることが多くなる自衛隊の訓練では満足しなくなり除隊その後は山ごもり、滝行など限界を超えた修行に打ち込む。山ごもりの資金集めに1ヶ月間漁師になり、海の大きさ、神秘的な姿、海にすむ大きな生き物たちを見て過ごす。
 
そして意を決して山篭り。山篭りの初日にサルの集団に囲まれ(サルの縄張りの中だった!?)たが、死を覚悟して対峙したところ、ボスザルに認められ死をまぬがれる。限界を超えた鍛練の中で人体の神秘に触れ、数年間、武術から離れて仏教精神、哲学、宗教を徹底的に学ぶ。この頃から心の美しさ、高い精神性を求めるようになる。
 
30歳(1998年)で日本武術(大東流合気武道)に出会う。今までの常識を破る技と美しい動きに衝撃を受ける。空手やそれまでの鍛錬法を全て手放し、一から修行をやり直す。
 
 
2008年  9月 大分県(九州)で護身術(護身エクササイズ)を教え始める
2010年  9月 東京池袋で初の護身術セミナーを開催
2010年11月 東京テーマ別セミナーをスタート(全国展開スタート)
2010年12月 名古屋でセミナー開始
2011年  3月 大阪でセミナー開始
2012年  4月 本部を東京に移して本格的に事業開始
        神戸でファミリー護身術を初開催
2012年  9月 愛知県田原市でファミリー護身術を初開催
                   神戸で護身エクササイズが復活、同時にキッズ護身術も開催
2014年  3月 福岡でセミナー開始
2015年  9月   北海道でセミナー開始
2015年11月   沖縄でセミナー開始
 

◇ニックネームは中学の時から「ウルフ」