Kids Class Info

キッズクラスのご案内

キッズ護身術の主旨と稽古内容

『剣』キッズ護身術では、子どもたちを悪質な犯罪者から身を護る独自の技術や、イジメにも負けない強い精神力と体力を養うトレーニングで健全な青少年を育成し、護身術を通して日本の未来を担う強くて逞しく「義」の精神を尊ぶ若者を育てていきます。そして何より子どもたちに大切なのは「元気」。現代は大人の世界も子どもの世界もストレス社会と呼ばれています。塾通いや室内にこもってゲームばかりで圧倒的に体力不足の子どもが増えています。特に小学生は体を思う存分動かすことで脳も健全に発達するのです。運動不足のお子様、内向的でイジメに遭いやすいお子様がおられましたら、どうぞ剣護身術にお子様をお預け下さい。全身運動でストレスも改善され笑顔も増え元気になります。そして心技体のバランスが整った礼儀正しい健全な青少年に成長します。

礼  法

 他の武道と同じく『剣』でも「礼に始まり、礼に終わる」という武道の精神にのっとり、最初と最後は「礼法」を行います。礼法は相手に対して尊敬の心をあらわす形です。自分の研鑽に強力してくれる相手を尊重し、また指導してくれる先生、修行の場である道場に対し、さらには自分を現在の環境に置くことが出来る全てのものに対しての感謝の気持ちが礼として表されてなければなりません。

剣  術

 日本武術をベースとする実戦護身術『剣』の動きの基本は剣術にあります。キッズクラスでは3種類の木刀(大刀・小太刀・短刀)を使い、素振りや組太刀の稽古を行います。剣術の稽古を通して集中力を養い、無駄のない正しい身体の使い方を学びます。

剣流グラップリング

 剣流グラップリングは視覚を遮断した状態で掴みかかってくる相手の力を感じつつ、外したり、いなしたり、崩したりする訓練です。視覚を遮断するという不利な状況下で、皮膚感覚など他の感覚器官を最大に研ぎ澄まし相手の攻撃から自分の身を護ります。また五感をフル活用しながら最大限の能力を発揮してエスケープしていくなかで、自らの眠っている本能を引き伸ばしていきます。

体幹トレーニング

外遊びが不足している現代っ子の特に弱い部分である体幹を鍛えてブレのない中心軸を養成していきます。子どもたちが飽きずに積極的に楽しめる遊びを取り入れたトレーニングで無理なく自然に体幹力をアップさせます。

 受  身

受身の稽古を通して、稽古中の怪我を防ぐ術を体で覚え、強靭な体を養成します。また全身運動でもありますので血流も良くなり健康増進にも非常に役立ちます。

 エスケープラン

子どもの護身術は、危険な状況から如何にいち早く脱出出来るか?かがメインテーマとなります。ただし、逃げるにも技術と知識が必要です。『剣』では護身術専門機関ならではの独自の訓練法により、「逃げる」技術を徹底的に訓練し、万が一の時に備えます。

 護 身 術

キッズクラスでは簡単な護身術の技も稽古します。犯罪はもちろん、イジメにも負けない逞しい人間に育てるため、護身術の技の稽古を通して「自らを護るチカラ」を鍛えていきます。実戦護身術『剣』の技は非力な女性や子どもでも十分に使えるよう構成された正に「目からウロコ」の護身術なのです。。

 ゲームトレーニング

キッズクラスでは子どもたちの様子を伺いながら、頃合を見計らってゲーム要素のある楽しい「遊び」を取り入れ、稽古を飽きさせないように刺激を与えます。しかし、ただの遊びではなく、その中に身体能力を向上させる要素を含ませています。

つかしんカルチャーセンター教室

尼崎市にある大型ショッピングモール「つかしん」内にある「カルチャーセンター」の講座でもキッズ護身術教室を開催しています。尼崎・伊丹近郊の方は是非こちらへ。

京都長岡京教室

現在、京都府長岡京市でも不定期にてキッズクラスを開催しています。