演武会レポートその3

神戸支部の演武が終わり、相当盛り上がったところでトドメの一撃!と言わんばかりの演武を披露してくれたのが初参戦の塩崎名古屋支部長夫妻。お二人は去年、本部の渡邉マスタートレーナーによってリニューアルされた護身エクササイズを披露。ここで、支部長夫人のマスミンがキッズクラスをはじめとする出場メンバーや観客まで巻き込み、会場全員でエクササイズすることに!これが非常に楽しくて最高の盛り上がりをみせました。これは素晴らしいアイデアでしたね!塩ちゃん、マスミン、最高でした!

DSC01053 DSC01169 DSC01044 DSC01176 DSC01032 DSC01024 DSC00998

続いて私、神戸支部長の演武。今回は2016年大河ドラマ「真田丸」をモチーフにした激仕立てで剣術をメインとした面白い演武を披露。わざわざ通販で六文銭の陣羽織を入手(笑)。気合入れて臨みました。子どもたちにはウケたようなので良かったかなと(笑)。

DSC01245 DSC01281 DSC01301-01

そして大トリを飾ったのは、もちろんこの人!実戦護身術『剣』を生み出した男、ヒーロ黒木代表の演武!最初はグラップリング!相手を務めてくれたのはキッズクラスのエスケープランでも大活躍してくれた大阪支部の田中リーダー。これもド迫力のグラップリングで非常に見応えがありました。田中リーダー最高でした!そしてこういう頼もしいメンバーを育ててくれてる西井支部長の指導力には恐れ入ります!

DSC01319 DSC01344

続いては実戦護身術『剣』の目にも留まらぬ電光石火の技の数々を披露。我々とは比べ物にならない流石の早技で観客を魅了。素晴らしい演武でした。相手役を努めた我が神戸支部の名物男、ラー様は何故か私の陣羽織を着用してヘッドガードをつけてるという変な感じでしたが、さすが受けの名手、代表の早技を見事に受けてくれて無事終了。

DSC01383 DSC01408 DSC01413

参加者全員の頑張りのおかげで過去最高の演武会となりました。そして協力してくれたキッズクラスの保護者の皆様、どうも有難うございました!今年もまた見応えのある面白い演武会にしたいと思います。なお演武会の模様は後日DVDにして有償配布したいと思いますので今しばらくお待ち下さい!

DSC01503 DSC01589 DSC01587 - コピー DSC01548 DSC01539 DSC01520

演武会レポートその2

演武会も後半に差し掛かったところで神戸支部の出番。まずは新人メンバー?中年の星?広報室長を務める北薗さんと医学博士でもあるドクターKのお二人から。どちらも熱心に休まず稽古に通い続け、メキメキと実力を伸ばしています。二人とも気迫のこもった演武で見事でした。

DSC00697 DSC00720

続いては女性陣。皆が合わせて一緒に稽古する機会が全然なかったので不安でしたが、何とか無事やり通せて安堵しました。東京本部事務局の元気娘なっちゃんも交じって女性メンバーならではの素晴らしい演武!仕事で参加出来なかったメンバーも数人いましたが来年は是非参加してほしいですね。

DSC00743 DSC00785 DSC00767 DSC00763 DSC00754 DSC00752

そして、しばらく諸事情で休会していた剣王子こと若干18歳の最年少メンバー、シンとこれまた久々に登場の中井豊岡支局長の出番。二人ともブランクを感じさせない素晴らしい演武を見せてくれました。王子はさすがに姿勢がよくて技がビシッ!と決まってましたね。半年ぶりとは思えない冴え。中井支局長は相変わらずのド迫力。若干、無門会入ってましたが(笑)。

DSC00799 DSC00829 DSC00820

次にキッズクラスで体張ってさんざん蹴られ役に徹して頑張った小松外務局長。キッズクラスの面倒見るのに忙しくて自身の稽古があまり出来てなかったにも関わらず、何とか無事にやり通せました。お疲れさん!

DSC00869 DSC00879

そして神戸支部ラストを飾るのはインストラクターのこの二人。斉藤副支部長とラー技術局長。この二人の演武には少々趣向を凝らしていて、アクション映画風の演出を事前に加えて色つけておいたんですが、北薗さんが悪役商会なみの演技をしてくれてかなり大受けしてましたね(笑)。本部事務局のなっちゃんは吉本新喜劇みたい~と言ってましたが(笑)。

DSC00908 DSC00991 DSC00987 DSC00966 DSC00947 DSC00931

 

……..次回につづく

あけましておめでとうございます!&演武会レポートその1

15781365_1835695616668562_2217344206912526782_n

 

皆様、あけましておめでとうございます!

旧年中は一方ならぬご声援を頂き心より御礼申し上げます。

本年も引続き剣護身術を応援下さりますよう何卒お願い申し上げます。

さて、昨年は3回目となる関西合同演武会「TSURUGI LIVE 2016」が行われ、大盛況のうちに終えることが出来ました。まずはそれぞれ素晴らしい熱演をしてくれたメンバーの皆さん、そして色々とご協力下さったキッズクラスの保護者の皆さんに心より御礼申し上げます。皆さんのおかげで過去最高の演武会となり企画した者として非常に嬉しく思っています。

簡単にライブのレポートを順に紹介させて頂きます。

まずはトップバッターを務めてくれた西井支部長率いる大阪支部。去年まではキッズクラスが最初だったんですが、やはりトップバッターにキッズクラスを据えると緊張もあり、場が静まり返った感じになってエンジンがかかりにくということで、あえて大阪支部に先陣を切ってもらうことに。この案は大成功でした。いきなりグラップリングの迫力あるシーンから始まり、対打撃技法などは映画のアクションシーンのごとく。それぞれが最後に「制圧~!」と大声で決めるところは気合十分で最高でした。

 

大阪支部の熱血漢、藤井さんの気合の入った演武!

15676555_1831685753736215_5601492819116842171_o

いつも熱いレポートを届けてくれる大阪支部広報部長の植さん!

15676274_1831685760402881_5270410683622417116_o

そして熱い漢たちをまとめ上げる『剣』最強の肉体を持つ漢、西井支部長!

15774651_1831685757069548_3528660858685393104_o

皆さん、熱い熱い演武で冷え切った会場を一気に温めてくれ、トップバッターとしての重責を見事果たしてくれました!非常に見応えのある男気みなぎる演武でしたね。

そしてお次はキッズクラス。今回は「つかしん教室」の生徒も初参加。初めての子どもたちは相当緊張していたようですが、何とか滞りなく演武を終えることが出来てホッとしました。今年はキッズクラスの誘導を小松アシスタントに任せて僕は支部長席で一部始終を観覧出来たのでよく演武が観れました。みんなホントに頑張ったと思います。

初出場で緊張する白帯キッズたち!

dsc09880

同じく初出場の橙帯キッズ!

dsc09899

 

それぞれ一生懸命稽古した成果を見せてくれました!
dsc00009 dsc00019

dsc00058 dsc00193 dsc0022715676140_1832581053646685_2441373331759669597_o

そしてひたすら蹴られ役の小松アシスタント、ご苦労さんでした。
前日に、明日は死んでくれ….と耳打ちしましたが、ホンマに死んでました(笑)。

dsc00025

そして最後はお決まりのエスケープラン!ハヤテのごとく逃げ切る子どもたちに観覧席からも惜しみない拍手が!

dsc00324 dsc00360
15723551_1831686033736187_1512730119580713977_o

で、茶帯の順番になって、どこからともなく大阪支部の強面、田中リーダーが犯人役で登場!これには百戦錬磨の茶帯たちもビックリ!めちゃくちゃ迫力ある犯人にいつにない緊張感で逃げ切る茶帯たち。これは西井支部長に事前にお願いして仕込みしといて大成功でした(笑)。

15724685_1833517283553062_5858054588229100499_o15731829_1831686030402854_5193212337000989865_o

東京本部事務局のお二人はグッズ販売を担当してくれてました。

dsc09608

そして演武会も中盤の目玉。心身統一合氣道の城越先生による杖の演武。記念すべきツルギ・ライブ客演第一号です。受けは私が担当させてもらいました。ちなみに当日本番前に少し打ち合わせしただけで、ぶっつけ本番でしたが、城越先生のリードが上手だったので何とか無事にやり通せる事が出来てホッとしました。日本武術らしい美しい型の演武で非常に素晴らしかったですね。城越先生有難うございました!

15724791_1831686073736183_115868123616757266_o

合氣道に続いて、その源流ともなる大東流合氣武道の演武。『剣』クラシックとも呼ぶべき伝統ある武術の秘技を黒木代表が見事に演じてくれました。受けは引続き私が。さすがに連続の受身はきつかったです(笑)。しかし何とかこなせてお役御免。この構成は手前味噌ですが、非常に良かったと思います。また次回も日本武術コーナーを設ける予定です。

15626296_1831685160402941_7209945598683370842_o15731929_1831685167069607_3879916447382247162_o

……..次回に続く!

いよいよ今週日曜日!

15591147_1829013567336767_759503108241574376_o

ライブ(演武会)、いよいよ今週日曜に迫りました!
生徒の皆さんもライブに向けて頑張ってます。

上手く出来るとか、失敗しないとか、そんなのはどうでもいい。
このライブで得られる経験こそが最も大事です。自分が頑張ってきたことを人前で表現すること。そして何より「出来た!」という自信が持てること。人間の可能性は無限大です。姿勢正して自信持って真っ直ぐ前を見て人生を歩ける人になれますように。

 

当日は寒波襲来という老朽化で隙間風が入ってくる会場には嬉しくない予報ですが、皆さんの熱い演武でどうぞ会場をHOTにしてください(笑)。とにかく全力でやり抜きましょう!

演武会に向けて

25日の演武会に向けて各クラス、熱を帯びてきました。

いずれもこの一年の稽古の成果が十二分に発揮できるよう万全の体制で望みたいと思うところです。過去の演武会を見直してみて感じたのは、護身術は演武に向いてないということ(笑)。最速最短・電光石火・一撃必殺ゆえに合気道のように大きな動きもないし投技もない。速すぎて見えない(笑)。これでは観客目線から言えば、何してるのか皆目見当つかない…ということです。しかし、だからと言ってスロー再生するわけもいかず。護身術としては利点でも、「魅せる」という点では非常にマイナスになるわけです。これは頭が痛い(笑)。

いろいろ考えて、なるべく『剣』の必殺を感じさせつつ、迫力ある演武になるように、かなり緻密に演出を加えていってます。動画で確認したところ、なかなか面白い見せ場が出来たのではないかと思ってますが、さあ本番はどうなるでしょう。まだ時間あるので、より詰めて完成度を上げていきます。

15400424_1823611717876952_370676855065454379_n

ニューアイテム

15284905_1820939368144187_1757513521944716941_n

ニューアイテムが登場しました。
いわゆる亀田棒みたいなやつ(笑)。

モノマネですがね、これが中々いいトレーニングになる。

レフレックスガードからの雷をこれで訓練して反応力を鍛えます。

そのうち先につけてるグローブが槍先に変わるかもしれません(笑)。

いま最も危険な匂いを放つ男

15232321_1818351005069690_3104895499282616010_n

数いる剣護身術のメンバーの中でいま最も危険な匂いを放つ男、それが神戸支部技術局長・大下雅史。人は彼のことを親しみをこめて「ラー様」と呼ぶ。その独特の風貌と謎めいた私生活といい圧倒的なキャラで唯一無二の存在感を醸し出している。そして技法の研究には余念がなく、自らラー伝と呼ぶ独自の技法も開発している。しかしそのロシアンギャングのような風貌からは想像つかないかもしれないが、非常に優しい男で神戸支部では笑い担当も兼ねている(笑)。そして何よりガッキーが大好きなお茶目な男(笑)。今後もこの男からは目が離せない。

神戸支部のいぶし銀

副支部長の斉藤さん。神戸支部のいぶし銀です。支部長不在の時でもクラスをしっかりまとめてくれ、レポートまで送ってくれる確かさ。非常に頼りなる存在であります。

人一倍稽古熱心で真面目。誰よりも練習量が多く常に向上心を忘れず。他のメンバーからも兄貴のように慕われる重鎮的存在です。


そんな斉藤さんは財布を持たない主義。お金はいつもズボンのポケットから無造作に出してくる(笑)。男気あふれる男の中の男。

 

たまに下町のスーパーで出会うんですが、レジでやっぱりポケットから札を出してる(笑)。食と健康にもこだわり、自身で料理もこなす。そして愛車のバックミラーに無数の御守をぶら下げており常に安全運転。神戸支部随一の安定感を誇る男、それが副支部長、斉藤さん。

 

15219634_1816608538577270_4150594123674066066_n

古流に眠る宝を探す

大東流合気武道の稽古。後捕で苦戦中。慣れない動きに身体が思うように動いてくれません。しかし、一つ一つの動きに深い意味があり、術理が存在する。いちいち勉強になることばかりで毎回大きな収穫を得ます。            

古武術の型には術理と兵法が内在しており、それは古人が積み重ねてきた知恵と経験の結晶であり、我々現代人にとっては宝のようなものであります。                                                             古流の型が実戦で通用するか否か?そんな陳腐な議論に時間を割く余裕などない。大東流合気武道百十八ヵ条の型には現代護身術が必要としている知識がごまんとある。そのお宝を探し、より磨きをかけていきたいと思う。                                                                                                                                                                                                                              15122953_1815355148702609_8040076238885174130_o

京都でファミリー護身術

 

神戸支部には京都支局という京都を管轄している支局があります。京都支局では長岡京市で月1ペースで「ファミリー護身術セミナー」を開催してます。会場はJR長岡京駅前にある中央生涯学習センター4Fにある交流室。早いうちに月2回以上で定期講座としてやりたいのですが、この駅前以外に使えそうな会場が見当たらず難儀でしてます。柔道場のある体育館は駅からかなり離れていて不便な場所ゆえ、検討外。どこか良い会場があれば教えてほしいのですが….。

子どもたちにも道着を着させてあげたい。やはり道衣着て帯締めないと、何だか締り悪い感じがして(笑)。まあ、いずれいい会場が見つかる……と期待しておきましょう。

このセミナーでは低学年ばかりなので、主に「逃げる技術」の習得を目指します。武術的な技法はあえて教えません。下手に教えて非常時に使ったりしては、生兵法は怪我の元となります。大人相手に戦おうなどとは思わないでいい。とにかく、ひたすら「逃げる!」。ここに一点集中することで生還率を確実に向上させる。これこそが実戦に則した稽古だと考えてます。

そして、子どもだけでなく保護者も一緒になって身体を動かして学ぶことで、親子で情報を共有でき、万が一の時は共通の認識をもって対処出来るようになります。毎回、とても大事なことを伝えています。その甲斐あって、初回から参加してる子どもたちは格段に逃げ方が上達したし、頭で考えるより先に身体が反応して動けるレベルまでいってます。

命を護る術。これを知ると知らないのでは緊急時に大きな差が出ることになるでしょう。