進化する男・ヒーロ黒木

先日のキッズクラス昇級審査会で行った黒木代表による
剣流グラップリングの模範演武の様子です。圧倒的に速
いですね。自分、途中で足がつってしまい情けないこと
になってます(泣)。

前に代表と手合わせした時と全然違ってました。確実に
別物になってましたね。すごいな、また進化してるじゃ
ないか!って心の中で呟きながら攻めてましたが、攻め
きれず投げられる始末。
悔しいので次回までに弱点研究して今度は絡み付いて離
れないようにしてやろうと思いますが、その時にはまた
進化してるんだろうなぁ~(笑)。
まあまあ子どもたちには面白いもん見せれたんじゃない
かと思います。はじめて代表の動きを目にした子どもた
ち、保護者の方々は目が点になってましたね(笑)。

 

 

過去最高のセミナーでした!

昨日は数年ぶりに復活した神戸セミナーでした。
初めて『剣』を体験される参加者の方々もおられ、大いに盛り上がりました。

詳しい内容はあえて申しませんが、僕が今まで見てきた中では過去最高の内容だったのではないでしょうか。熱気もすごくて、冷房18度ぐらいにしてたんですが全然効いてなかったです(笑)。
今回のメインテーマは「実戦」。
これぞ正に剣護身術!と言わんばかりの本質を極限にまで突き詰めた内容。最初からハイペースでセミナーと言うよりかは「稽古」って感じの雰囲気でしたね。黒木代表もいつも以上に気合が入っており、模範演武では「ウウォ~!」と何度も驚嘆の声と拍手が巻き起こる始末。加減してるとはいえ火が点くと、いつも以上に技が鋭くなるので、相手役を務めたウチのメンバーは大変だったと思います。
数日前に思いついて分厚いテキスト作りましたが必要なかったかな(笑)。
まあ、参加された方は見返しながら復習してみてください。
代表セミナーは年に2回を予定してましたが、あんまり面白かったんで年3回に増やします(笑)。もっともっと多くの方にその真髄に触れて頂きたいと思います。

 

SONY DSC
SONY DSC

反射的に動く速さ

対打撃技法の最初のほうに学ぶレフレックス
ガード。これは人間の本能的な反射神経を最
大限に生かした実戦護身術『剣』の防御シス
テムですが、これは脳の思考を通さず、身体
が勝手に反応するので速い。

もちろん避けるだけでは、二発目、三発目を
喰らう怖れがあるので、即座に「雷」という
技法につなげ、反撃に転じるのですが、これ
もまた身体が自然に動く流れにのって行うの
で、瞬く間に相手の攻撃を封じます。

思考に頼らず感じて動く

これを何度も何度も繰り返し、身体に染み込
ませる。反復練習することで今度は考えずに
身体が勝手に反応するようになるのです。

 

タイトルなし-1250

実戦力をUPさせる

先週土曜のマスタークラス。
珍しくベテランメンバーが揃って欠席で新人Hさん以外は全員女子。
マスターなのにレディースクラスのような雰囲気になってしまいましたね(笑)。

実戦力をUPさせていくために今月からは対多人数を意識した稽古をしていきます。
手始めに1対2でグラップリング。これは中々難易度高いです。
しかし実戦だと複数相手という状況は多々ありますから、やはりトレーニングを積んでおかないと中々対応できるものではない。

まあ男性が女性2人に襲われる状況はさすがにないでしょうが、女性相手でもHさん相当苦戦してました。攻撃せずに捌くのみで襲ってくる相手を交わすのは難しいものです。でもこういう訓練を繰り返すことで自然と実戦感覚が養成され、知恵を使いながら相対する技術を学んでいくのです。

13151666_1729794917258633_5436744890178815534_n

笑顔でグラップリング

先月入会した双子姉弟のYちゃん。
めちゃくちゃ明るくて終始笑顔。
Yちゃん・Sくんファミリーは家族全員元気で笑顔なんです。

今日は対多人数のグラップリングをやりましたが、相当楽しかったようで、
もうニコニコしながらやるんですよね。これは楽しんでくれている証拠だと
思ってます。

僕は護身術は楽しい、武道って面白い!

と感じてくれることが何より大切だと考えてます。

面白くもないこと続けられますか?楽しくないこと一生懸命出来ますか?

出来ないですよね。面白い、楽しいから続けられる、一生懸命になれる。
そこが大事なんですよ。もし子どもたちが、つまらない、ヤル気がおこらない、
辞めたいと言うなら、これは指導者の力量不足だと反省せざるを得ません。
指導は一方通行ではいけません。指導はコミュニケーションだと思っています。

 

13131237_1728657184039073_1216164373118542419_o

護身術演武の難しさ

今日はキッズクラスがイオンモール京都で開催された「キッズ武術大会」に出演。中国武術や空手、少林寺拳法など色んな団体が演武を行うなかで剣護身術も演武を行いました。

キッズたち全員、真剣に頑張って演武出来て非常に良かったと思います。こういう人前で普段の稽古の成果を披露出来ることは、子どもたちにとっても良い成長の糧となるでしょう。しかし、今日やってみて改めて思ったのは護身術を演武として披露するのは非常に難しいということ。護身術は一撃必殺の技ゆえに基本的に人前で見せるようなものではない。それに空手や合気道のように型らしい型もないうえ、瞬殺でありますから、あまり見栄えするようなものではないんですよね。それを如何に演武という形で華麗なエッセンスを含ませて昇華させていくか?

そういう意味では我々の前に演武した中国武術は正に「演舞」という感じの派手なパフォーマンスで見応えはあったように思います。今年末に予定している関西合同演武会はこれらの課題をクリアして、見応えのあるショー的要素をふんだんに含ませた内容で全く新しい護身術の一面をお見せ出来るように、一から考え直していきたいと思います。

DSC05986

IMG_6056

IMG_6063

終わって一部の生徒たちを連れてJR京都駅の屋上庭園で鬼ごっこに付き合わされ、もみくちゃにされる支部長安部。このあとコマっちゃんも酷い目にあわされ….(笑)。