大東流合氣武道演武大会 その4

自分の出番が終わり、とにかく安堵した。少なくとも恥ずかしい演武ではなかったと思う。技術はさておき気迫だけは精一杯込めて演武したつもりだ。反省点は多々あるものの、悔いなくやり切れたと思う。そしてあとは兄弟子の方々、師範の方々の演武を拝見するだけ。

写真はお見せすることは出来ないが、それぞれ素晴らしい演武を見せて頂いた。これらを見れただけでもはるばる留辺蘂まで来た甲斐があったというもの。

豪快な投技を見せてくれた網走の老練の師範、番傘を使った妙技を見せてくれた北見の師範、ステッキを剣のように自在に操りながら相手を翻弄する札幌の師範….などなど。それはもう圧巻の演武でした。そして最後に武田等宗家の登場。多人数掛けで素晴らしい演武を見せてくれました。あれは時宗前宗家から受け継いだ技なのでしょうか。これぞ合気!といったフィナーレを飾るに相応しい演武でした。

そして全ての演目が無事終了。事務局長の林先生の締の挨拶で閉会。ほんとに素晴らしい経験をさせて頂きました。師範格の黒木代表は当然ですが、自分のような末席を汚す新参者をこのような舞台に立たせてくれた宗家には心から感謝申し上げたいと思います。来年の演武会まで一層腕を磨き、次回はもっとマシな演武が出来るよう精進します。

閉会後は参加者全員で一斉に片付けと掃除。みなさん、キビキビ動き段取り良く片付け終了。そして急いで打上げBBQの会場に移動。すでに奥様方のご協力により、BBQコンロに炭がおこされていて、飲み物と肉や海鮮の食材が準備されていてスタンバイOKの状態に。その段取りの良さに宗家の指揮力と総本部のゆるぎない結束力を感じました。

運良く我々の席には網走の老練な師範とステッキ術の達人である札幌の師範、同じく札幌の剣術の達人師範が同席してくれて色々貴重なお話を聞かせて頂き恐悦至極。札幌の師範には、

 

「剣護身術って名前がいいね~!とてもいい名前です。これは剣術から来てるのですか?是非 その由来を聞かせてもらいたいね~。」

 

とネーミングを褒めて頂きまたまた恐縮。代表が説明すると、ウンウン、なるほど~とご納得されてました。この札幌の師範は特に雰囲気がジェントルマンでとても武術の達人には到底見えない。知らずに襲いでもしたら大変なことになるな(笑)。その他の師範もみなさん、明るく快活な方ばかりで、飲みながら色々合気についてご教授くださいました。ほんとに来て良かった!旅費以上の収穫があったというか、比較出来ないほどの大切な成長の鍵を頂いたという感じです。

 

IMG_6901

 

宗家には「アベちゃん、飲んでるか~?ちゃんと食えてるか?もっと食えよ!」とお気遣い頂き、事務局長の林先生には、「ビール飲んでいいんだぞ!運転ならウチの連中にやらせりゃいいんだからな!」と言って頂きましたが、自分のような下っ端が偉そうにビール飲んで、兄弟子さんに運転させるわけにはいけない(縦社会の厳しいとこで育ったもので)。せっかくのご好意でしたがノンアルコールで乾杯させて頂きました。そこらへんはキチっとケジメをつけないと自分的には許せないのです。自分の立ち位置はちゃんと弁えるが当然。何事も失礼があってはいけません。今回は代表を安全に行き帰りお届けするドライバーとしての役目を心得ており、毛頭飲むつもりはありませんでしたので予定通り。林先生、来年は神戸支部の若い衆を連れてきて運転させますんで、そのときはガッツリ飲ませて頂きます!

楽しく実りある時間も瞬く間にすぎて夕方にBBQはお開き。そしてそこから反省会という名の二次会へ。総本部が常連の留辺蘂のお寿司屋さん。BBQでたらふく食ったのに、楽しくて楽しくてまだ食える感じ(笑)。ここでは美味すぎる海鮮料理をまたまたたらふくご馳走になり、宗家や御年80歳を超えてると思われる最高齢の師範から合気について秘伝をご教授頂く。いやいやホントに贅沢このうえない。兄弟子さんたちも絡んで酒席が即席道場に(笑)。しかしその中でも一番熱かったのは黒木代表。達人になってもまだまだ衰えぬ学びの姿勢。ほんとにスゴイ人です。そういう姿に自分もまた学ぶ。いやぁ~1分足りとも無駄な時間がなかったなぁ。

IMG_6966

IMG_6967

 
そして21時も回ったところでボチボチお開き。宗家や林先生、総本部の兄弟子さんたちに別れを告げて我々は宿に向かう。帰り際、いたずら好きの林先生に不意打ちで小手返しかけられて危うく投げられるとこでした(笑)。代表は飲んで稽古してたせいか、酔いが回って帰りの車中無言に(笑)。宿に着いてからも外で無言で風にあたってましたが、自分はサッサと風呂に入る(笑)。まあ気分の悪いときは一人にしておいてほしいですからね。大浴場、ひとりで貸切状態だったので歌を歌う。エコーが聞いてて気持ちいいので演歌から歌謡曲までオンステージ(笑)。後で聞いたら隣の女子風呂にアマゾネスがいて聞かれてたらしい(笑)。

そんな楽しい長旅もいよいよ終わり。翌日名残惜しく留辺蘂を後にする。来年はもっと成長した姿をお見せできるよう帰ってからまた修練積んでいきます!と心の中で宗家にむかってお礼をしていざ札幌へ!途中、石北峠なる休憩所でクマを発見したので急遽立ち寄る。

IMG_6978

 

 

そして札幌で一泊して翌日再びピーチで関空までフライト。札幌は雨で肌寒い感じでした。2時間あまりのフライトを経て関空到着。タラップを降りた途端、灼熱地獄。激しい気温差でクラクラしました(笑)。留辺蘂とは体感で15度ぐらいは違うやろ。あ~このまま北海道へリターンしたい。

IMG_6986

IMG_6991

大東流合氣武道演武大会 その3

朝、起きた瞬間に全身に激痛を感じる。昨日の長丁場のリハーサルで普段使わない筋肉もフル動員したようだ。朝食を食べに食堂へ歩く足取りがジイさんのようにトボトボ(笑)。久しぶりの全身筋肉痛。むかし合気道場で150回ぐらい連続技で休憩なしに飛躍受身をした翌日のことを思い出した。ずいぶんとシゴかれたが、それが今にちゃんと生きてることに人生の面白さを感じる。

 

会場入りする前に、兄弟子たちと武田家先祖代々のお墓へ、今日の演武会の成功をお祈りしに。しかし、よく考えたら我々のような末端の新興団体が宗家一門のお仲間へ入れて頂き、かくも手厚い待遇を受けているとは未だに信じられない。これはまさに奇跡的なことだと思う。そんなことのお礼も兼ねて武田惣角翁、36代宗家・時宗先生、37代宗家・宗光先生にご挨拶をさせて頂く。今後もどうか我々を見守ってください……合掌。

DSCN0527

 

それから、8時すぎに会場入りすると既に宗家は道着に着替えて準備をされてたので、我々も急いで支度。いよいよ本番で一気に緊張感が高まる。

IMG_6891

IMG_6899

 

白帯道着のまま出場するつもりだったが、三重ヤマト会の西村さんが、袴を予備のために1着余分に持ってきてるので貸しましょうか?との思いがけない申し出を頂き、遠慮なくお借りすることに。初めて袴を履いたので紐の結び方が分からず、西村さんや大野さん、代表に助けてもらいながら何とか格好をつける。

おおっ~、なんかこれだけで一人前になったような気がする(笑)。

13770292_1760535640851227_5921705660121254986_n
 

そして演武会がスタート。札幌や網走、北見の支部の方々の演武を拝見して、みなさんスゴイなぁ~と感心。少年部の演武も非常に良かったです。おっと感心している場合ではない。もう一度順番を確認しとかねば(笑)。そして小休憩を挟んで、いよいよ剣の会の出番。もう緊張がハンパない。名だたるお歴々の師範方がジッと我々を注視されてる…(゚∀゚)

 

とにかく、下手こいて恥さらす=剣護身術全体の恥、加えてお歴々から、剣護身術なんぞ所詮大したことないじゃないかっ!とお叱りを受ける=宗家や大野氏の顔に泥を塗る…….こととなるので、プレッシャーがMAX(笑)。横にいる代表も同じく緊張の面持ち。密かに逆腹式呼吸法をしながら気持ちを落ち着かせる。

 

まずはアマゾネスたちから。隊長は緊張した様子だけど、副長は余裕なのか、本番に強いのか分からんが落ち着いた感じで二人とも山岸氏の特訓の成果が出てたように思う。いずれにせよ入ってまだそんなに経ってないのにここまでやれるとは大したものだ。

IMG_8313

IMG_8303

 

そして我々の番。まず自分から仕手。一ヶ条立合十本。一本捕~逆腕捕~車倒~締返~搦投~裏落~帯落~小手返~切返~四方投げ(表・裏)。既にどの順番だったか自信がない(汗)。それでももう後には引けないんで、間違えてもいい、とにかく全力で演武しよう!ただそれだけでした。代表とは相性がいいのか、ものすごくやりやすい。というか、代表の受けがメチャクチャ上手いんですよね。ほんと助かりました。

 

ハアッ~!決まった!(笑)

13700100_1759860970918694_3166230242120192860_n

 

なんとか自分の演武を終えることが出来て安堵。代表の的確な受けに助けられたのと西村さんに借りた袴のおかげで何とか格好つきましたわい(笑)。そして問題の代表の受けをとる番。自分の出番が終わった途端に頭が真っ白になり何していいか分からない状態に(笑)。一本目の居捕・逆腕捕に右手を掴むとこを、いきなり両手で掴んでしまう(笑)。代表がハッ!という表情をしたので急いで腕を引くと何故か左手で胸倉掴んでる状態に。

 

それでも何事もなかったかのように演武する代表はスゴイですね。さすがでした。あとひとつ順番を間違えたものの、飛躍受身も上手くこなせて何とか終了~。でもあのとてつもない緊張感のなかで演武出来て、ある意味メチャクチャ気持ちよかったです。

IMG_8319

 

…….その4に続く

大東流合氣武道演武会の旅 その2

しかし北海道は涼しい。朝夕はこの季節でも半袖では心許ない感じだ。今ごろ関西は梅雨明けして灼熱地獄なんだろうなぁ~と思いを巡らせながら留辺蘂の湿気のない爽やかな微風のなかで煙草を一服。たまらなく快適である。

朝は習慣で6時過ぎには目が覚める。尿意を感じ目が覚めるところは歳のせいか(笑)。ふと横に目をやると、代表も疲れてるのかまだ布団の中で夢見心地だ。このまま代表を叩き起こして宿の芝生広場で朝練でもしようかと考えたが、会場設営とリハーサルは13時からのため午前は時間の余裕もあるので、二度寝して体力を温存。8時過ぎに起きて8時半ごろ朝食を頂きに食堂に行くと既に片付けられている(笑)。お兄ちゃんにが出てきて、

あれ?朝食もう終わりましたよ~。8時までなんで。

なんと!ふつうは9時まではやってるだろう!と思うが留辺蘂の朝は早いということか。無理言って余り物を出してきてもらい、何とか朝食にありつける。レベルは期待通り、学生合宿なみ(笑)。まあでも黙って上げ膳据え膳でメシ食えるだけ俺は有難い(笑)。安い宿賃で文句を言っちゃあいけません。何事にも感謝の気持ちで(笑)。

アマゾネスの二人はまだ寝てるらしく朝食はパスらしい。しかしよく寝る二人だ。それから代表と芝生広場に行き、軽く体操程度に体を緩める。そのあと代表は広場にある足湯でまったりと寛ぎタイム。ジッとしてるのが苦手な俺は芝生広場で一人パターゴルフを始める。そう言えば最後にゴルフコース回ったのはいつだったかなぁ。息子が生まれてから全くやらなくなったんで(育児集中のため)、もう15年は経つかなぁ。ちなみに高校時代はゴルフ部でした。ロクな部員じゃなかったですがね(笑)。

 

IMG_6888 DSCN0523

 

そして昼前に演武大会会場へ。とりあえず夜までリハーサルがあると聞いていたので、会場入りするまえに腹ごしらえ。と言っても留辺蘂にランチやってるような飲食店は見当たらないので、去年初めて留辺蘂に来た時に最初に立ち寄ったカフェ?ファミレス?のような何でもありの「エフ」という店に。連休のせいか、結構なお客がいる。その割に従業員が少ないので、かなり忙しそう。高校生ぐらいの真面目そうなメガネのお兄ちゃんがアタフタしながら店内を行き来している。

ラーメンからパスタや定食類まで色々あるが、どこへ行ってもまずハズレる率の少ないカツカレーを注文。代表もそれに乗る。アマゾネスの隊長は塩ラーメン、副長はチーズパスタみたいなものを食ってたなぁ。カツカレーはそこそこ美味かったです。副長は結局足らずにローソンで追加購入しましたが(笑)。

 

e69fd788

 

で、会場入り。先に三重からお越しになってる兄弟子の大野氏と兄弟弟子の西村さんと合流。宗家ご一同が到着するのを待つ。予定の時刻を15分ほど過ぎてからワサワサと皆が集まりだし、一気に会場設営へ。とりあえず一年ぶりにお会いする武田宗家にご挨拶。すると、

 

おいっ!アベちゃん!久しぶり!アッハッハッハ~!元気にしとったか!

 

と豪快な笑顔とともに第一声。色黒でどこか大御所演歌歌手のような風貌の宗家。われわれ『剣の会』のメンバーのことを普段から何かと気にかけて頂いており、また一方ならぬご厚情を賜っております。ホントに感謝の気持ちで一杯です。

 

で、畳を敷いたり、垂れ幕つけたり、机と椅子を並べたり。結構な仕事量があったが、宗家御自ら指揮のもと、人海戦術で段取り良く設営がすすむ。みなさん、キビキビとよく動く。普段は神戸支部で偉そうにしている自分もここではペーペーの下っ端。とにかくボッ~としていることのないように働きまくりました。こういうのも久しぶりに新鮮でいい。初心に帰るというかね。

各会派代表席にて三重ヤマト会代表・大野氏と黒木代表。結局本番ではここに座らず(笑)。

13754561_1066980510063150_4227872491046404619_n

 

武田菱(武田一族の家紋)の旗をはる代表。

13770336_1166105280106781_1507423883028162177_n

 

そして会場設営が終わり、総本部よりジュースの差し入れがあり、しばし休憩。それから道着に着替えて稽古とリハーサル開始。ここで明日の演武の相手を決めるらしい(笑)。代表の受けは大野氏の見立てで俺に決定。前に所属してた合気道場で死ぬほど受身の稽古をしてたのが、ちゃんと生きました(笑)。人生、何事も無駄なことはないです。

 

で、何時までリハーサル続くんやろ?と思い。総本部の兄弟子さんに尋ねると、

ああっ、ここ21時まで借りてるからね。20時50分ぐらいまではやるんじゃない?
18時ごろに弁当が届くから。それ食ってまた稽古だよ~。

って普通に涼しい顔で答えられて唖然(笑)。時計見るとまだ14時30分過ぎたぐらい(笑)。これは考えながらやらんと明日まで持たないなと思い、ところどころセーブしながら稽古を続ける。代表の受けを何度も確認するが、順番が覚えられす苦労。自分の分だけでも10本あるんで、その順番覚えるだけでもヒーヒー言う(笑)。そして久しぶりに飛躍受身したせいか、体が痛い(笑)。

 

そのうちお歴々の師範方も順に到着。かなりお歳を召された方もいらしたが、稽古をしてる姿を見て驚き桃の木島木譲二。す、すごい。かなり豪快な技というか迫力あるなぁ~とただただ見とれてしまいました。自分たちもとりあえず何とか形になったところで稽古終了。小腹空いたので帰り際にセイコーマートでオニギリとカップ麺買って車中でむさぼり食う。だんだん体の節々が痛くなってきたが明日大丈夫かなぁ~(笑)。

明日は7時半にセイコーマート集合で大野氏や札幌麦秋会の山岸氏たちと武田家のお墓にご挨拶に伺う予定なので、そそくさと宿に帰り風呂入って就寝。

 

DSCN0525

 

……その3につづく

大東流合氣武道演武大会の旅 その1

北海道は留辺蘂で開催された第14回大東流合氣武道演武大会に参加してきました。話せばば長いので何回かに分けてレポートしたいと思います。まずは前日の会場設営とリハーサルに間に合うように前々日から北海道入り。今回は連休ということもあり、スカイマークの運賃が高かったので関空からピーチで飛ぶことに。

人生初ピーチ。前回はジェットスターでした。朝早くに車で神戸空港島へ行き、駐車場に車を停めて、ベイ・シャトル(高速船)で関空へ。30分で着くので楽ですね。ピーチは新しく出来た第2ターミナル。保安検査場も迷わなくて済むのでいいかも。時間、余裕持っていったのでカフェでパンを食べながら時間を潰し、いざフライト。

第2ターミナルロビー

IMG_6993

 

ピーチもジェットスターと同じくパッセンジャーステップカーで搭乗です。

IMG_6874

 

一番前の座席だったので前が広々と使え、足が伸ばせたので楽でした。

IMG_6879

 

天候は曇りにつき景色は見えず。時間つぶしに英会話の勉強してました。それと関空で買った戦国ものの雑誌。大好きな軍師特集でした。黒田官兵衛に片倉小十郎、直江兼続に真田まで。なかなか詳しい記述もあり面白かったです。

51Tc8zPdtwL

 

そしてアッという間に1時間55分のフライトを経て新千歳空港に到着。ここで黒木代表と待ち合わせ。ちょうどお昼だったのでレストラン街にある

紅虎餃子房

でランチ。店員のオネーチャンにオススメ聞くと、これだと言うので素直にそのまま注文(笑)。

キャプチャ

 

その後、快速エアポートで札幌まで。駅近くのレンタカー店で予約してた車を受け取る。ここで北海道支部のアマゾネス2人と合流。いざ留辺蘂へ出発。車は普段から乗り慣れてるステーションワゴン。代表に運転させるわけにはいかないので自分が運転手です。ちなみにアマゾネスたちはペーパーだということで論外(笑)。

 

S__6832146

 

途中、恒例の砂川SAで美味しいソフトクリームを堪能。一年ぶりに食べましたが、やはり美味い!ミルクの味が濃厚です。

子どものように嬉しそうにソフトクリームを頬張るヒーロ黒木(笑)。しかし、ここまで来ただけでだいぶ涼しくなりました。湿気もなく快適そのもの。しかし、どこ行っても観光旅行のチャイニーズばっかりで聞こえてくるのは中国語ばっかり。そのうち中国に侵略されるんとちゃうやろか(笑)。

 

IMG_6885

 

で、ロングドライブを経てちょうど晩メシ時に留辺蘂に到着。腹も減ってたので夕食へ。自分は海鮮希望やったのに多数決で肉に(笑)。代表はともかく、アマゾネスまで肉食なんかいっ!前回の大東流合宿で行ったというハンバーグレストランへ。あまり気が乗らないが仕方がない(笑)。ステーキを注文したが(結構安かった)、肉が固い、スジが多い、下味がついてない(笑)。結局サラダバーで腹が膨れた感じ。とりあえず、この店に来ることは二度とないな。次は否が応でも回転寿司に行ってやる(笑)。

 

IMG_6884

 

そして宿へ。いつもの塩別つるつる溫泉は師範の方々がお泊りになると聞いていたので、我々下々の者は遠慮してひとつ格下の温泉宿へ。まあ学生が合宿で使うような感じのとこ。とりあえず、寝れたらいいかなと(笑)。でも溫泉の泉質は同じでツルツルであま~いお湯でしたね。しかし露天風呂はなく至って普通の大浴場。ロングドライブの疲れを癒やし、明日に備えて早めに寝ました。ちなみに先に寝たのは黒木代表です(笑)。

 

h00163.02

 

……その2につづく

知性を兼ね備える

長男の柔道の試合を観戦に行って、次男も来年中学に進学したら、柔道部に入ろうかなぁと言い出した。兄の活躍が心に響いたのだろう。

ただ親としては勉強もしっかりやってもらいたいと願う。武道だけ出来ても勉強が出来なければ、所謂 ❝筋肉バカ❞ と揶揄されてしまう 。知性を兼ね備えてこそ武道人として一歩高みに上れるのではないか。

厳しい人生を行く抜くためには腕っ節が強いだけではダメだ。知識がなければ人に騙され搾取される。僕は基本的に他人は信用しないことにしてる。他人の言うことほどアテにならないものはないと経験から嫌というほど学んだからだ。

 

自灯明 法灯明

 

自らを灯明とし、自らを依処として、他人を依処とせず、法を灯明とし、法を依処として、他を依処とすることなかれ。

息子たちにはこの釈尊の言葉を贈りたいと思う。

 

13669825_1040049569404235_1517530183003196034_n

がんばれ未来の先生!

神戸支部の若い衆の代表格であるコマっちゃん。今年からキッズクラスの指導見習いさせてます。来年にはクラス持たせてやりたいと思ってるんで、今のうちに出来るだけのこと教えてあげたいなと。子どもたちのウケもよく、親しみを込めて「コマっちゃ~ん!」と呼ばれてます。

実戦に則した稽古では、防具つけて子どもたちのケリやパンチを受けてもらってるんですが、たまに痛い場所に命中することも(笑)。過酷な肉体労働ですね。
でも、そういう稽古を通して、子どもたちとの信頼関係を築いていってもらいたいんですね。キッズクラスの指導は、まず子どもたちとしっかりした信頼関係を築くことからスタートだと考えてますから。
がんばれ未来の先生!

 

満席御礼につき!

8/22の太氣拳スペシャルセミナー、おかげさまで満席御礼と相成りました。早くから多くのお申し込みを頂き、誠に有難うございました。

外部からだけでなく、他支部の《剣》メンバーからもお申し込みを頂き既に6月後半には予定人数をオーバーしており、神戸支部メンバーの席がなくなるという事態になり焦りましたが、何とか無理やり20名までに幅を広げた次第。
あとはキャンセル待ち (望み薄いですが)ということになります。今からお申し込みを考えておられた方、まことに申し訳ございません。午前中の屋外立禅会のほうはまだまだ大丈夫ですので、こちらはどんどんお申し込みくださいね!

太気拳セミナー2016FBページ背景02

蘇った剣レンジャーと山のフドウ

先週土曜のマスタークラス、長らく行方不明になってた古株のYくんが約1年ぶりに復帰。ちゃんと生きてたがな!ここにおるがな!思わず叫ぶほど嬉しかったね。

彼はSDS時代からの仲間。今では全国支部でも数えるほどになった生き残りやからね。昔を知ってる仲間が戻ってきてくれるのはホントに嬉しい。

前半に丹田呼吸法・天地の呼吸法・一つになる呼吸法を一通り。これは毎回やるグラップリングの基礎となる大事な項目なので、敢えて詳しく解説しながらやりました。

そのせいか、前回ガチガチにリキ入ってたK博士(最近入会された50代男性)もいい感じで力が抜けて自然な動きになってたし、同じく最近入会された神戸支部の人間山脈、山のフドウこと北薗さんも益々柔らかい動きになって非常に有意義なグラップリングが出来たと思う。

やっぱり基本が大事やと改めて思いましたわ。武道に限らずね、ベースの部分を抜きにしては何事も成せない。中盤は柔術技法。これは得てして男性は苦手としてる。どうしても力でねじ伏せようとする。そういう意識が抜けない限り合氣ってのは自分からどんどん遠ざかる。難しいけど、実はこれこそ実戦護身術《剣》の真核を成す部分だから、ここをしっかりマスターすることで後の対打撃・対武器技法の質が変わってくると思ってます。

最近の神戸支部はどんどん稽古の質が上がってきたなぁと感じます。それは僕の指導の質ではなくて、生徒さんたちの直向な気持ちと懸命に何かを掴みとろうとしてる情熱のせいかと思ってます。

13533154_1754526591452132_6284853665722772204_n

禍福は糾える縄の如し

護身エクササイズは元々、黒木代表が大分時代に、

護身術をより身近に知ってもらいたい!

武道経験者にではなく護身術を本当に必要としている人たちに広めたい!

…..という思いで編み出したものです。

 

それが東京に本拠地を移してから、しばらく遠ざかっていたものを、4年前に

神戸支部で再生させました。しかし現実は厳しく、思うように生徒が集まらず、

追い詰められて代表と二人で頭を抱えこんだこともありました。結局、1年も

経たずに閉鎖。かなり凹みました(笑)。

 

 

 

 

そして今年、東京本部で渡邉マスタートレーナーという強力なサポートが現れ、

護身エクササイズがいきなり大進化。全国的に大きなうねりになりそうな予感が

してます。神戸でこのコンテンツが大成しなかったのは、やはりこういう理由が

あったのか….と。もしあのまま神戸で中途半端な状態で続けていたら、今のよう

な状況には至らなかったでしょう。

 

 

禍福は糾える縄の如し

 

正にこの言葉通り。予想もしなかったハプニングのせいで絶体絶命の危機に

陥ったと思ったことが、そこれがきっかけとなり以前より事態が好転したりする

のだから、人生ってのは面白い!!!
何でも長い目でみないとね。人生何が起きるか分からない!

13590275_1753825441522247_4837418865940674441_n