大東流合氣武道演武大会 その4

自分の出番が終わり、とにかく安堵した。少なくとも恥ずかしい演武ではなかったと思う。技術はさておき気迫だけは精一杯込めて演武したつもりだ。反省点は多々あるものの、悔いなくやり切れたと思う。そしてあとは兄弟子の方々、師範の方々の演武を拝見するだけ。

写真はお見せすることは出来ないが、それぞれ素晴らしい演武を見せて頂いた。これらを見れただけでもはるばる留辺蘂まで来た甲斐があったというもの。

豪快な投技を見せてくれた網走の老練の師範、番傘を使った妙技を見せてくれた北見の師範、ステッキを剣のように自在に操りながら相手を翻弄する札幌の師範….などなど。それはもう圧巻の演武でした。そして最後に武田等宗家の登場。多人数掛けで素晴らしい演武を見せてくれました。あれは時宗前宗家から受け継いだ技なのでしょうか。これぞ合気!といったフィナーレを飾るに相応しい演武でした。

そして全ての演目が無事終了。事務局長の林先生の締の挨拶で閉会。ほんとに素晴らしい経験をさせて頂きました。師範格の黒木代表は当然ですが、自分のような末席を汚す新参者をこのような舞台に立たせてくれた宗家には心から感謝申し上げたいと思います。来年の演武会まで一層腕を磨き、次回はもっとマシな演武が出来るよう精進します。

閉会後は参加者全員で一斉に片付けと掃除。みなさん、キビキビ動き段取り良く片付け終了。そして急いで打上げBBQの会場に移動。すでに奥様方のご協力により、BBQコンロに炭がおこされていて、飲み物と肉や海鮮の食材が準備されていてスタンバイOKの状態に。その段取りの良さに宗家の指揮力と総本部のゆるぎない結束力を感じました。

運良く我々の席には網走の老練な師範とステッキ術の達人である札幌の師範、同じく札幌の剣術の達人師範が同席してくれて色々貴重なお話を聞かせて頂き恐悦至極。札幌の師範には、

 

「剣護身術って名前がいいね~!とてもいい名前です。これは剣術から来てるのですか?是非 その由来を聞かせてもらいたいね~。」

 

とネーミングを褒めて頂きまたまた恐縮。代表が説明すると、ウンウン、なるほど~とご納得されてました。この札幌の師範は特に雰囲気がジェントルマンでとても武術の達人には到底見えない。知らずに襲いでもしたら大変なことになるな(笑)。その他の師範もみなさん、明るく快活な方ばかりで、飲みながら色々合気についてご教授くださいました。ほんとに来て良かった!旅費以上の収穫があったというか、比較出来ないほどの大切な成長の鍵を頂いたという感じです。

 

IMG_6901

 

宗家には「アベちゃん、飲んでるか~?ちゃんと食えてるか?もっと食えよ!」とお気遣い頂き、事務局長の林先生には、「ビール飲んでいいんだぞ!運転ならウチの連中にやらせりゃいいんだからな!」と言って頂きましたが、自分のような下っ端が偉そうにビール飲んで、兄弟子さんに運転させるわけにはいけない(縦社会の厳しいとこで育ったもので)。せっかくのご好意でしたがノンアルコールで乾杯させて頂きました。そこらへんはキチっとケジメをつけないと自分的には許せないのです。自分の立ち位置はちゃんと弁えるが当然。何事も失礼があってはいけません。今回は代表を安全に行き帰りお届けするドライバーとしての役目を心得ており、毛頭飲むつもりはありませんでしたので予定通り。林先生、来年は神戸支部の若い衆を連れてきて運転させますんで、そのときはガッツリ飲ませて頂きます!

楽しく実りある時間も瞬く間にすぎて夕方にBBQはお開き。そしてそこから反省会という名の二次会へ。総本部が常連の留辺蘂のお寿司屋さん。BBQでたらふく食ったのに、楽しくて楽しくてまだ食える感じ(笑)。ここでは美味すぎる海鮮料理をまたまたたらふくご馳走になり、宗家や御年80歳を超えてると思われる最高齢の師範から合気について秘伝をご教授頂く。いやいやホントに贅沢このうえない。兄弟子さんたちも絡んで酒席が即席道場に(笑)。しかしその中でも一番熱かったのは黒木代表。達人になってもまだまだ衰えぬ学びの姿勢。ほんとにスゴイ人です。そういう姿に自分もまた学ぶ。いやぁ~1分足りとも無駄な時間がなかったなぁ。

IMG_6966

IMG_6967

 
そして21時も回ったところでボチボチお開き。宗家や林先生、総本部の兄弟子さんたちに別れを告げて我々は宿に向かう。帰り際、いたずら好きの林先生に不意打ちで小手返しかけられて危うく投げられるとこでした(笑)。代表は飲んで稽古してたせいか、酔いが回って帰りの車中無言に(笑)。宿に着いてからも外で無言で風にあたってましたが、自分はサッサと風呂に入る(笑)。まあ気分の悪いときは一人にしておいてほしいですからね。大浴場、ひとりで貸切状態だったので歌を歌う。エコーが聞いてて気持ちいいので演歌から歌謡曲までオンステージ(笑)。後で聞いたら隣の女子風呂にアマゾネスがいて聞かれてたらしい(笑)。

そんな楽しい長旅もいよいよ終わり。翌日名残惜しく留辺蘂を後にする。来年はもっと成長した姿をお見せできるよう帰ってからまた修練積んでいきます!と心の中で宗家にむかってお礼をしていざ札幌へ!途中、石北峠なる休憩所でクマを発見したので急遽立ち寄る。

IMG_6978

 

 

そして札幌で一泊して翌日再びピーチで関空までフライト。札幌は雨で肌寒い感じでした。2時間あまりのフライトを経て関空到着。タラップを降りた途端、灼熱地獄。激しい気温差でクラクラしました(笑)。留辺蘂とは体感で15度ぐらいは違うやろ。あ~このまま北海道へリターンしたい。

IMG_6986

IMG_6991

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です