無為自然のままに


剣流グラップリング。
目を閉じた状態で掴みにかかってくる相手をいなすトレーニング。

   

怖れが無用な力を生み、相手に隙きを与え、己の心を乱す。

常に平常心を保ち、呼吸を乱すことなく相対することが肝要である。

   

何時も無為自然の状態で。この基本トレーニングこそが実戦への対応力を養成し、後に続く技法の完成度を高める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です