夏休み…..自然からの護身!

もうすぐ夏休みが始まりますね。お子さんがいてはる家庭は旅行に行ったり、山や川、海やプールに出かけられるかと思いますが、開放的な気分になると同時に事故も多いので保護者の方々は十二分に注意を払って頂きたいと思います。

ウチも息子らが幼い時もよく海水浴に行きましたが、浮輪プラス必ずライフジャケットを着させてました。海や川をナメたらアカン。自然とは時に人間に対して恐ろしい牙をむくことを忘れたらいかん。そして僕はその状態でも片時も子どもから目を離しませんでしたね。一瞬の気の緩みが死に至ることを知ってますからね。過保護と言われるかもしれんけど、死んだら終わりやからね。自然の中で子どもを遊ばせる時はそれぐらい用心して丁度いい。

子どもって大人が予想しない行動とる時がある。だからそれを護ってやるのは親の責任です。最近はビーチでもライフジャケットも着てない、とても泳げないであろうと思われる幼稚園ぐらいの子どもたちが勝手に水際で遊んでるいうのに、パラソルやテントの下でスマホいじりに夢中な親を見かける事が多い。海水浴場やから….プールやから…..と安心は禁物です。水の恐ろしさをもっと知らなあかん。それから、

子ども連れて遊びに来てる時ぐらいスマホ触るな!

…….と、メガホンでビーチ中に響き渡るように叫びたい(怒)。余談ですが、去年の夏に豊岡の海水浴場で得体の知れんクラゲ(だと思う)に刺されてエライ目に遭いました。大人の僕でも耐えれんぐらいの痛みだってんで、これが子どもだったらと思うと、ゾッとしましたね。ホンマに自然をナメたらあきません。

海だけやなくて山や川でも同じ。最大限の安全策を講じたうえで遊ぶようにしてもらいたい。それも護身術の一環ですわ。自然からの護身。楽しいはずのお出かけが悲しい事故となりませんように、重ね重ね、保護者の方々にはお願い申し上げる次第であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です