デッドポイントで崩せ!

最近、剣流グラップリングを考えながらやっています。ただ、闇雲に激しく組み合うのではなく頭も使いながら動く。そろそろ第2段階に入ってきたと言ってもいいでしょう。

 

人間の骨格を工学的に捉えれば、多自由度構造であり、そこには必ずデッドポイントが存在する。そこを深く考察することで、例えば体幹の強い相手をも楽に崩せる極意が見えてくるはずだ。

 

 

今年の後半は「考える稽古」をテーマによりアカデミックな講義を展開していくつもりです。神戸支部から新しいグラップリングの形を発信出来ればいいなぁ~。

 

覚悟をもって臨むべし!

今週11日(金)の祝日(山の日)は新神戸スタジオで三重から大野兄をお迎えして大東流合気武道ヤマト会の稽古会を行います。参加できるのは大東流合気武道総本部へ入門している門下生のみとなります。イチゲンさんは入れませんので悪しからず。

 

我々は武田宗家直々の門下生となります。本来ならば留辺蘂に通うべきところを宗家の技をダイレクトに受け継いでおられる大野兄がこうして我々にご教授くださるわけですが、それでも神戸と三重では中々隔たりが大きく再々通う時間も限られています。だからこそ、稽古をつけてもらえる時は全身全霊で学ぶ覚悟で臨みます。大野兄はその気持ちをしっかりと汲んでくださり、毎回とても濃密な内容で我々を鍛えてくれ、有難い限りです。

 

本来、そう簡単に宗家の門下になれるものではない。入門許可を頂いた者はそこを履き違えてはいけません。フィットネスジムの会員になるような軽い気持ちで入ってもらっては困るのです。入門したからには歴史ある大東流の秘伝を受け継ぐという一途な思いと共に相当の覚悟をもって臨むべきと考えます。

 

特に我々剣護身術を学ぶ者にとっては、大東流を学ぶことで凄い発見がある….というか、『剣』をやっているだけでは到底分からなかったであろう奥底にある秘密が次々と掘り起こされるわけですから、本当に面白い。そしてそれをまた『剣』にフィードバック出来るので『剣』自体の技の威力も全然違ってくる。まあ何より、大東流合気武道を、しかも本家本元の技と精神をいま円熟の境地に入っておられる宗家から直に学べることが出きて幸せな限りであります。

 

 

無理なく、怪我せず、愉しんで

 

月1回のサンデー・オープン・レッスン。平日は仕事でレギュラーコースに通えない方、また気軽に行けるときだけ参加したい……という方のために非会員でも参加OKの一回完結型のセミナーを月1回催しています。

昨日は対武器技法の中から比較的遭遇しやすいパターンで覚えやすいシンプルな技法をレッスン。その前に得物の使い方をマスターしてもらうために剣術の基本を木刀を使って稽古してもらいました。何でもそうですが、まず使い方を知らないことには何も出来ませんからね。ただ得物持って振り回すだけでは意味がない。正しい使い方を知ってこそ、はじめて護身術として役に立つということです。

この日曜セミナーも中高年層の方が多いです。実戦護身術『剣』は東京本部もそうですが、地に足がつけて人生をまっとうに歩まれてる中高年層が比較的多いですね。カリキュラムも無理のない内容で、あまりシンドいことはしないようにしてます。前々回は女性がちょっとしたアクシデントで足を痛めたり、中年の男性がグラップリングで過呼吸になりかけたりしましたので、この日曜セミナーではなるべく無理のないメニューでやるように心がけています。

稽古に来て怪我はしてほしくありませんし、しんどくて辛い思いもしてほしくありません。楽しく笑顔で学べる場にしたいものです。皆さんそれぞれお仕事もお忙しいことでしょうし、家族のこともあるでしょう。指導者としてはやはり生徒さんの明日のことまで考えたうえで指導せねばならんと自戒する次第であります。それは先日北海道で武田宗家から受けた教えでもあります。

そんな感じで月1回、日曜午後にオープンレッスンやっていますので、中高年の方々、どうぞ安心してご参加ください。個々の進歩の度合いに沿って無理なく護身術を身に着けましょう!

神戸支部でいま一番HOTな漢・TSURUGIMAN

昨日のベーシッククラスは皆さん残業で来れないため、神戸支部でいま一番HOTな漢・ツルギマンとマンツーマン。彼は現在も有名な某合気道道場で合気道の修行を続けるなか、さらに実戦の技術を習得すべく『剣』に入門。月10回程度、大阪近郊都市から単車を駆って片道1時間の距離を通い、時には大阪支部にも出稽古に行く熱心さ。その純粋に、真剣に稽古に勤しむ姿は他の誰もが見習うべきものと思います。

 

また彼は難聴というハンデを背負いながら、稽古中の私の指導を一番真剣に見ている。私もそれに出来るだけ応えたく、ホワイドボードに解説を書くようにしてますが、もちろん喋っていることの一部なので全部伝えることはできない。しかし一番理解しているのは彼だと言ってもいい。凄まじい集中力です。

 

そのせいか、上達がハンパなく早い。もちろん合気道有段者ということもありますが、おそらく彼はレッスンがない日でもキッチリ復習しているのでしょう。勉学でもそうですが、予習・復習をするのは当たり前かと考えます。私も現在は大東流合気武道のいち修行者として勉強中の身ですが、稽古の前後予習復習は欠かさずやります。道場稽古の時間だけで身につけようと思うのは些か虫が良すぎると思うのです。創始者が膨大な時間と努力、修行を重ねて編み出した技術をそう簡単に理解できるはずがない。同じ技を何度も何度も反復し、感覚的にそれを操れるようになって初めて一人前。それには道場外の自己鍛錬しかありません。

 

ちなみにうちの親分(黒木代表)でさえ、日々の自己鍛錬と技法の研究を毎日怠っていないのに、我々が怠けていてどうする?むろん、あくまでカルチャーセンターの習い事程度という感覚で通っている生徒にはそこまでは求めていません。自分の出来る範囲でやって頂ければそれで構いません。しかし、インストラクターを目指すなら話は別です。ある程度の厳しさと覚悟をもって稽古に臨むべきで、仕事が忙しいとかは言い訳になりません。

 

そういう意味でもツルギマンは仕事も忙しく、奥さんと子どももいて、朝早起きして弁当まで作り、ほぼ毎日稽古に通い、空き時間は自己鍛錬を欠かさない。上達する人には言い訳なし。時間など自分次第でどうにでもなることを彼が身をもって教えてくれてますね。そういう彼の姿勢に私も少なからず刺激を受けている今日このごろです。

 

体験参加お断り!(怒)

長らく体験レッスンを実施してきましたが、どうも冷やかし程度の人が多いので止めさせてもらうことにしました。体験参加といえど、こちらとしては真摯に全力で指導してます。手抜きはしたくないので、結構な労力を使ってます。が、終わった時点で、

 

「いやぁ~スゴイですね!めっちゃ面白かったです!是非やりたいと思います!」

 

と如何にもすぐに入会します…..みたいなお上手を言ったあげく、おまけに入会申込書まで持って帰っておいて後は連絡もなし。こちらが連絡しても無視….という礼儀も弁えない無礼千万な馬鹿が非常に多い(怒)。適当な言い訳をつけて断りのメールをくれる人はまだいいほうだ。せめて連絡ぐらいするのが一人前の大人として至極当然のことかと思いますが、それすら出来ないとは社会人失格の烙印を押さねばならんでしょう。

 

ということで今後は体験参加は一切お断り!

 

見学のみとさせてもらいます。というか、そんなレベルの人に親切丁寧に指導するのは時間と労力の無駄ということをここ数年で思い知らされました。今後は、剣護身術というのをもっと大事にしていこうと考えます。安売りしない。本当に価値を理解してくれ、真面目に学ぼうとする人にしか教えない。中途半端な奴は門前払いさせてもらいま。これっからは頑固で気難しい鬼になろかなと(笑)。この人みたいな感じに…..

 

合気=愛=他人への気遣い・優しさ

北海道ツアー、宗家先生が繰り返し我々に説かれていた言葉が頭のなかから離れなくて神戸に帰ってからもずっと考えてたんですが、その意味合いがだんだんと腑に落ちてきました。

 

「相手と一緒に稽古するときは、常に相手のことを考えてやれ。相手には仕事があれば家族や恋人がいるだろう。もし稽古中に怪我でもしたら、相手も自分も嫌な思いをする。仕事にも支障をきたすだろうし、日常生活にも影響が出る。お互いにいいことなんか一つもないだろ?だから技をかけて相手が痛がってるようじゃ、まだまだなんだ。本物の合気というのは痛くないんだよ。むしろ気持ちいいぐらいだ。それはな、技に愛があるからなんだ(笑)。」

 

この言葉がね、ズシン!と心に響いたわけです。確かに宗家の円熟した合気の技は本当に痛くない。それどころか、笑いが出てしまう。これが受けた人じゃないと分からんでしょうが、ホント凄いんですよ。深いなと。深すぎるなと。自分もここを目指したいなと。

 

それに宗家ご自身が非常に気遣いの出来る方で、地方から演武会に来られる全ての人に対して目配りと心配りが行き届いているんですね。端から端まで声かけて回っておられるし(ビール付きですが・笑)、それが適当な愛想などではなく心からもてなしておられる。それをつぶさに観察してて、改めてなんて器の大きい方なんだと感服した次第です。

 

合気は愛なんだと。そしてそれは道場の中だけの話じゃなく、日常生活全てにおいて、人間関係全てにおいて当てはまることなんだと。他人への気遣いが出来る人ってのは確かに「先をとる」ことに長けてます。特に大東流においては「先をとる」ことが第一の要点でありますから、相手が思うその前に手を差し伸べることが出来るというか、例えば先生や先輩はもちろん、同輩も含めて、横にいる人の飲んだお茶の湯呑みが空になったら、すかさず、さりげなくお茶を注ぐことが出来る人……..食べ終わったら、さっと爪楊枝を前に置ける人……細かいこと言いますが、こういう普段の細やかな気配りが出来る人って合気に向いているんじゃないかな~と思います。

 

 

う~ん、やはり合気の世界は奥深い!

第36代武田時宗宗家在りし日の勇姿