覚悟をもって臨むべし!

今週11日(金)の祝日(山の日)は新神戸スタジオで三重から大野兄をお迎えして大東流合気武道ヤマト会の稽古会を行います。参加できるのは大東流合気武道総本部へ入門している門下生のみとなります。イチゲンさんは入れませんので悪しからず。

 

我々は武田宗家直々の門下生となります。本来ならば留辺蘂に通うべきところを宗家の技をダイレクトに受け継いでおられる大野兄がこうして我々にご教授くださるわけですが、それでも神戸と三重では中々隔たりが大きく再々通う時間も限られています。だからこそ、稽古をつけてもらえる時は全身全霊で学ぶ覚悟で臨みます。大野兄はその気持ちをしっかりと汲んでくださり、毎回とても濃密な内容で我々を鍛えてくれ、有難い限りです。

 

本来、そう簡単に宗家の門下になれるものではない。入門許可を頂いた者はそこを履き違えてはいけません。フィットネスジムの会員になるような軽い気持ちで入ってもらっては困るのです。入門したからには歴史ある大東流の秘伝を受け継ぐという一途な思いと共に相当の覚悟をもって臨むべきと考えます。

 

特に我々剣護身術を学ぶ者にとっては、大東流を学ぶことで凄い発見がある….というか、『剣』をやっているだけでは到底分からなかったであろう奥底にある秘密が次々と掘り起こされるわけですから、本当に面白い。そしてそれをまた『剣』にフィードバック出来るので『剣』自体の技の威力も全然違ってくる。まあ何より、大東流合気武道を、しかも本家本元の技と精神をいま円熟の境地に入っておられる宗家から直に学べることが出きて幸せな限りであります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です