達人・佐川幸義の実戦論①

大東流合気柔術で唯一、宗範の称号を持つ故佐川幸義先生。師匠の武田惣角翁をも超えた合気を会得したと言われる不世出の達人であるが、佐川先生についての数少ない伝記を読んでると、常に実戦を考え、常に無敵の武術を突き詰めた人であったようだ。その佐川先生が残した言葉には本物の合気というのはどういうものなのかを示唆するものがある。それを何回かに分けて本より抜萃して紹介したいと思う。

--------------------------------------

一部の他流の人が実戦で弱いのは、ふだん身体を痛めつけて鍛えてないからだ。技を遣うから、身体を鍛える必要がないと思うのは素人である。本当の武術家は身体を鍛えている。鍛えないと技をつかいこなす境地に達することが出来ない。大東流は本来真剣勝負のためのもので、真剣勝負の世界のことは、簡単に人に教えられない。敵の知らないところをこっちが知っていれば、大きくて膂力(*1)の強い者にも勝てる。だから人の知らない独特な術を秘密にするのは当然である。秘密の部分は自分で考えなければならない。やるかやられるかの真剣勝負のとき、独特の術技を持っていないと敵にやられてしまう。

 

*1. 膂力(りょりょく)。意味は、『筋肉の力。腕力』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です