反撃の余地を与えない

 

 

実戦護身術『剣』の技すべてに言えることですが、護身術であるがゆえに出来るだけ短時間でコトを終わらせたい。

相手に一瞬のスキあらば、隙かさず攻撃に転じる。受けの姿勢に甘んじず、常に攻撃体勢であること。そしてスピード。相手に反撃の余地を与えずに素早く制圧までもっていく。

考えずに身体が勝手に反応して動くまで繰り返し、繰り返し技法を反芻することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です