教えることは己自身の勉強

 

一昨日は珍しく和室で大東流合気武道の稽古。少人数ならこれぐらいの部屋のほうが落ち着いて稽古できますね。

故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以て師となるべし。

正にこの論語の通り。誰かに何かを教えるためには、その何かに付随する色々なことに習熟していないとならない。そうでないと、誰かに何かを教えることはできません。

受けた教えをそのまま伝えるだけなら誰でも出来る。自分なりに正しく咀嚼し、それをより深く研究し工夫を凝らす。指導する者にはそれが必要なんだと改めて思った次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です