ゴールデンサークル

人の思考は「ゴールデンサークル」という3つの円のフレームによって階層をわけることができます。


①Why(なぜやるのか)
②How(どうやるのか)
③What(何をするのか)


これは技法などの説明をする時に必ずこの順に従います。それは子どもに理屈をえる時も同様。


これは何のための訓練なのか?
何をどうするための技法なのか?

目的を明確にすることで稽古に向かう意識が大きく変わるのは言うまでもありません。これは稽古のクウォリティーを向上させるために必要不可欠なファクターと考えます。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です