頭で考えると身体は固まる

何らかの思考や価値観に囚われて、いざという時に咄嗟に動けなくなるのは現代人の特徴であるのだが、これを武道の世界では「居着き」と呼んでいる。

動物的本能としては敵に襲われたときに選択肢としては「闘争」「逃走」の二択しかない。それを本能で瞬時に判断するわけだが、そこに思考が介入すると突如身体が「フリーズ」し即死に至るという
わけだ。

だから護身術ではなるべく思考を介さず本能で瞬時に身体が反応できるよう予めシステム化しておく必要がある。これは訓練なしには成立しない。


頭で考えると身体は固まる。万が一の場合に「居着き」状態に陥らないよう、普段から反応力を鍛える訓練を積んでおかなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です