原理原則で説明すること

特に合気系の道場では、まず先生が模範演武をしてから「さあ、やってみなさい!」という流れが大半で、研究心のある一部の弟子は自身で理合を会得できるかもしれないが、ほとんどの生徒は闇雲に形だけ真似るのが精一杯でしょう。

 

それは単に結果を提示しているだけに過ぎず、肝心のノウハウが説明できていない。そういう意味では剣護身術は黒木代表がかなり深遠な部分までディテールを開示してくれるので未経験者でも短期間で上達できているわけです。

 

教えた相手が明確に理解できて、それを確実に再現できなければ意味がないと私は考えています。ではどうすれば効率よく技術を習得することができるのか?

 

それは原理原則を説明することにあると思っています。原理というのは普遍性を内包していますから、それを正確に理解出来れば、かなり再現性は高いのではないかと考えます。

 


昨日のベーシッククラスでは、超一流大学院の博士号をもつ院生に物理的な観点で解説したところ、非常によく理解でき、昨日だけでかなり上達しましたので原理をもって指導することはかなり有効だと手応えを得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です