剣を極めることは、禅に通じる

徳川家康に仕えた剣の名手・柳生宗矩が残した「兵法家伝書」の中で、   


「此れ平常心をもって一切の事をなす人 、 是を名人と云う也」


と語っています。剣を極めることは正に禅に通じると言われますが、平常心こそ武道にて最たる重要項目かと考えます。

  


ただし急迫不正の状況で平常心を維持することは非常に難しい。護身術としてはそこが大きな肝となりますから、普段の稽古で技にばかり囚われることなく、その「心」を磨くことにこそ最も心血を注ぐべきと心得ます。

 

*NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」でも柳生宗矩が登場していて政宗の一太刀を真剣白刃取りで見事に捕ったシーンが印象的でした。ちなみに宗矩役は石橋蓮司でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です