物件を探しています!

現在、神戸支部は新神戸のスタジオにてレッスンを展開していますが、時間貸しのため何かと制約も多く肩身の狭い状況で会員の方々にもご不便を強いております。より自由に、より多角的に道場を運営していくためには効率の悪い時間貸しから脱出し、常設道場を開設する他ないと考えています。


なるべく早期に常設道場の開設を目指しよりよい環境で今以上に護身術の普及に全力を尽くしたいと思っています。そこで神戸三宮を中心に各沿線ひと駅、二駅以内で良心的な条件でお借りできる物件があれば是非ご一報頂きたく、皆々様に伏してお願いする次第です。

我々は「学校プロジェクト」という社会貢献活動も継続して行っています。より良い社会を築く一旦を担えればと考え日々護身術の普及に余念がありません。

その我々の念いを汲み取ってご協力頂けるビルオーナー様がおられましたら何卒お力添えをお願いしたいのです。贅沢は申しません。古い物件でも十分です。雨風をしのげて稽古できるスペースがあれば文句はありません。

厚かましいお願いであることは重々承知のうえで敢えてこの場をお借りして皆々様に重ねてお願い申し上げる次第です。どうぞ宜しくお願い致します。

遊びながら基本を学ぶ

基本稽古ってまあ武道に限らずその他スポーツでも地味で退屈で面白くないもんなんですよね。特に子どもは面白くなければ露骨に顔と態度に出るもんだから分かりやすい(笑)。

じゃあ、どうやって面白く興味をもってやらせることが出来るのか?それは教える側のアイデア次第。ニンジン大嫌いな子に如何に美味しく食べさせられるか?みたいなもんで頭捻らんといかん。  

先週のキッズクラスでは体捌きをより身近に感じさせるためにドッジボール方式でやってみたが中々愉しかったようだ。

学問でもそうだが、予備校の人気講師の授業なんかは聞いてて面白い。面白いから内容が頭にサクサク入る。やっぱり何でも教える側の工夫次第と心得る。

本日発売の週刊SPAに….

本日発売の週刊SPAに先日東京本部で取材された記事が載ってます。危険人物対策マニュアルという特集記事です。代表と私(犯人役)、白黒記事ですが結構なボリュームで写真出てました。

  


コンビニにはほぼ必ず置いてありますので良ければご一読ください。メディアに取り上げられることで、世間の関心が少しでも防犯や護身に向いてくれればと思います。

無駄な動きが一切ない日本古武術

 

 

日本古武術(剣術含む)はその一切無駄のない動きに大きな特徴があります。無論、実戦護身術『剣』にもその古の知恵がふんだんに活かされています。

この映画「雨あがる」の劇中における無外流剣術の達人役の寺尾聰のギリギリの体捌きや足運び、太刀筋の見極め、間合いの詰め方は正に日本武術。

では何故に無駄な動きがないのか?

それは日本文化独自の引き算の美学というのも根底にあると思うが、それ以前に生死を分ける侍の真剣勝負において無駄な動きは相手に隙を与えることになり、それは即ち命を落とすことになるからに他ならない。