本日発売の週刊SPAに….

本日発売の週刊SPAに先日東京本部で取材された記事が載ってます。危険人物対策マニュアルという特集記事です。代表と私(犯人役)、白黒記事ですが結構なボリュームで写真出てました。

  


コンビニにはほぼ必ず置いてありますので良ければご一読ください。メディアに取り上げられることで、世間の関心が少しでも防犯や護身に向いてくれればと思います。

無駄な動きが一切ない日本古武術

 

 

日本古武術(剣術含む)はその一切無駄のない動きに大きな特徴があります。無論、実戦護身術『剣』にもその古の知恵がふんだんに活かされています。

この映画「雨あがる」の劇中における無外流剣術の達人役の寺尾聰のギリギリの体捌きや足運び、太刀筋の見極め、間合いの詰め方は正に日本武術。

では何故に無駄な動きがないのか?

それは日本文化独自の引き算の美学というのも根底にあると思うが、それ以前に生死を分ける侍の真剣勝負において無駄な動きは相手に隙を与えることになり、それは即ち命を落とすことになるからに他ならない。