無駄な動きが一切ない日本古武術

 

 

日本古武術(剣術含む)はその一切無駄のない動きに大きな特徴があります。無論、実戦護身術『剣』にもその古の知恵がふんだんに活かされています。

この映画「雨あがる」の劇中における無外流剣術の達人役の寺尾聰のギリギリの体捌きや足運び、太刀筋の見極め、間合いの詰め方は正に日本武術。

では何故に無駄な動きがないのか?

それは日本文化独自の引き算の美学というのも根底にあると思うが、それ以前に生死を分ける侍の真剣勝負において無駄な動きは相手に隙を与えることになり、それは即ち命を落とすことになるからに他ならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です