理解度にそったカリキュラム

先週ののキッズクラスは非常に良質な内容の稽古が出来た。クラスが成熟してきたというか、子どもたちの理解力も相当向上してきたので、より武術的な要素を深めた内容に徐々にシフトしている。

理解度にそってカリキュラムのレベルを上げていくことで武術の本当の面白さを子どもたちに体感してもらいたいという目論見である。  

実戦護身術『剣』の本当の面白さとは武術的側面による処であると思っている。電光石火のスピードは元より、相手の生理的弱点を徹底追求した見事な身体操作こそ『剣』の真骨頂と承る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です