仙台伊達62万石ツアー:仙台城址~瑞鳳殿~瑞巌寺

奥羽の覇者として天下人の太閤秀吉や大御所家康とも堂々と渡り歩き、晩年は将軍のご意見番として天下の副将軍を名乗り、奥羽に独眼竜あり!と諸大名に畏敬の念をもって接しられた戦国の風雲児・伊達政宗公。若き日はその荒武者ぶりで戦場において数々の伝説をつくり、仙台62万石の領主となってからは藩内の治世に務め、領民からは花も実もある大名よと愛され、歴史に燦然と輝く功績を残した人でした。

その政宗の居城であった仙台城は今や石垣しか残っておらず高台の広場に騎馬像と歴史資料館があるのみですが、さぞかし風光明媚な立派な城だった思います。資料館の模型やCGでの再現映像で全貌を見ることができます。

 

 

 

そして仙台城から少し東に位置する経ヶ峰という高台に伊達家3代(政宗~忠宗~綱宗)の霊廟・瑞鳳殿があります。政宗公が生前に自ら経ヶ峰を訪れ、自分が死んだらここに墓所を造るよう指示したと言われており、またこの経ヶ峰は伝説の修験僧・満海上人の墓があったとされている場所。ちなみに政宗公は同じ隻眼の満海上人の生まれ変わりとも言われてました。瑞鳳殿は2代忠宗公によって建立されたものですが、桃山文化の遺風を伝える綺羅びやかな装飾が施された豪華絢爛な廟建築であります。さすが当代随一と言われた洒落者の政宗公らしい霊廟かと拝察した次第。建築的にも非常に良い勉強になりました。

 

 

そして最後に日本三景のひとつ松島にある政宗の菩提寺でもある瑞巌寺。用材を紀州(和歌山県)熊野山中から伐り出し、海上を筏に組んで運び、大工は梅村彦左衛門家次一家や、刑部(鶴)左衛門国次ら名工130名を招き寄せて建立したという政宗公肝いりの国宝に指定されている寺。本堂は禅宗方丈様式に武家邸宅の書院を加えた10室間取で、東・南・西三方に上縁・下縁を巡らしています。なかなか立派な木材を各所に使用しい手の混んだ細工がされており、京の寺院にも劣らない素晴らしい造りでしたね。また江戸幕府の幕閣たちから、幕府を転覆させる恐れのある油断ならぬ大名として睨まれていた政宗は、一部の幕閣の陰謀による仙台藩討伐の危機がありましたが、その時にもし仙台城が落城した場合はこの瑞巌寺を最後の砦とするよう指示していたと言われてます。

いずれにせよ、太平の御世にあっても畏れられるは武門の誉である…. と政宗は豪快に笑って一笑に付していたと言います。その後は2代将軍秀忠公から圧倒的な信頼を勝ち取り、また大御所家康公が「何か不都合ある時は伊達政宗を頼りとせよ」と遺言を残していたこともあり、天下のご意見番としてその地位を不動のものとしました。また3代将軍家光公からは「父のように思う」と慕われ、政宗公が病に伏していた時に将軍自ら見舞いに訪れるという異例の扱いだったらしい。家光公が3代将軍就任の席上で諸大名に放った有名な言上、

 

 

「東照宮(家康)が天下を平定なさるに際しては、諸侯の力を借りた。また秀忠公も、元はおのおのがたの同僚であった。しかし、余は生まれながらの将軍であり、前の二代とは格式が異なる。よっておのおの方の扱いは、これより、家臣同様である!」

は政宗の入れ知恵によるものだったとも言われている。政宗の死の報せを聞いた家光は、秀忠が死んだ時よりも落胆したと言われ、江戸で7日、京で3日間、殺生や遊興を禁止したほど政宗贔屓だったようだ。戦国の生き残りとして天下の将軍に忌憚なく意見を述べる政宗に家光が相当の信頼を置いていたのは間違いないみたいです。激しい戦乱の世をかいくぐり、晩年は天下の副将軍として不動の地位を確立した政宗公は天下人になる夢は叶わなかったものの、その後約380年もの間、戦国の英雄として語り継がれるわけですから凄いですよね。逆に石田三成などは徳川から逆臣の汚名を着せられ、後世まで逆賊扱いで語られたわけですから同じ戦国大名でも天と地ほどの差があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です