大切な仲間

以前に京都から神戸支部の稽古に通ってきてくれていた元少林寺拳士の川本さんが、勤務していた病院を辞め、京都の丹波橋に気功整体院を開院されたのが丁度1年前。一度伺わなければと思いながら中々の出不精ゆえに伺う機会を逃したままだったんだが、1周年キャンペーンで特別価格で診てもらえるというので厚かましくも予約入れさせてもらい、ついに先日行くことができた。

久しぶりにお会いした川本さんは相変わらず人懐っこい笑顔で出迎えてくれ、色々と雑談を交わしたあと、施術に。私が長年の腰痛の状態を説明すると、身体をチェックし、その腰痛の原因を骨格模型を使いながら丁寧に解説。なるほど!と納得のいく分かりやすい明確な説明。それから気功を使いながら歪んだ骨盤と背骨をミリ単位で丁寧に調整。気づけば、腰痛が嘘のように、いや何事もなかったかのように消え去っており、その魔法のような技術に驚嘆した。

しかし癖がついているため、またしばらくすると元に戻るだろうと言うので何回かは通院しなければいけないが、なにぶん痛みもなく超ソフトな整体なので毎日でもお願いしたいぐらいだ。神戸からだと大阪でいったん環状線に乗り換え、京橋で京阪本線に再度乗り換えなければならんので電車通院がちと不便なのが難儀であるが、それを差し引いても行く価値はある。次回は車で行ってみようと思う。

なにしろ川本さんの人柄がいいし、仕事に対しての姿勢が素晴らしい。患者のことを第一に考えてくれる先生だ。神戸支部在籍中は彼も私を信頼してついてきてくれていたし、私も彼に全幅の信頼を置いている。残念ながら開業のため『剣』を去ることになったが、今までもこれからも大切な仲間のひとりであることに変わりはない。せっかく縁あって『剣』で知り合った者同士、絆は大切にしていかねばならん。

人と人との繋がりが人生を豊かに彩ってくれる。だから人を大切にしたい。人を粗末に扱う人は自分も粗末に扱われる。それが自覚出来ない者は人の上に立つてはいかん。ニュースで大騒ぎになっていた某韓国企業のトップによるパワハラではないが、人の上に立つ者でお粗末な人間が何と多いことか。嘆かわしい限りである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です