大野三段による大東流合気武道セミナー

剣護身術のルーツでもあり合気道の前身武術でもある大東流合気武道(柔術)。長らく秘伝とされ門外に露出することなかった大東流合気武道(本家)ですが、今回初めて一般公開される運びとなりました。現宗家は大東流中興の祖・武田惣角翁の直孫であり、数ある大東流の流派の中でも最も武田惣角翁の技を正確に受け継いでいる本家であります。その武田宗家が最も信頼を置いている愛弟子の大野裕迪三段が宗家直伝の技の数々を今回特別に披露してくれます。合気上げの代表される合気の基本鍛錬から護身術・格闘技にも活かせる実戦技まで3時間たっぷり稽古します。剣護身術・合気道関係者は元より他流派の方も自らのスキルアップにぜひ役立てて頂きたく思います。

■日時:2018年11月23日(金・祝)18:30~21:30(途中休憩あり)
■会場:神戸常盤アリーナ(兵庫県立文化体育館)2F柔道場
(〒653-0837兵庫県神戸市長田区蓮池町1-1)
*山陽電鉄・西代駅すぐ
■参加資格:一般・学生(ジャンル問わず)
■参加費用:6,000円(税込)
■申込み:神戸支部ウェブサイト・イベントページより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です