ツルギ北海道ツアー:北の大地は暑いよ! その2

しかし暑い!おかしい!去年はたしか日中でも20°台前半だったはずなのに神戸と変わらん湿気と熱気。なんじゃこれは?北海道ちゃうやんけ!と塩別つるつる温泉で朝を迎えて一番にクレームをつけるが、お天道様は何も言ってくれない(笑)。

とりあえず、6時前には自動的に目が覚めるので、寝ている他のメンバーを起こさぬよう運動着に着替えて裏庭へ朝練に向かう。ストレッチ、呼吸法、太氣拳(立禅・這・練)など体に優しいメニューでロングドライブで凝り固まった筋肉をほぐす。

やっぱり暑いので朝から大量に汗をかいて朝風呂でサッパリする。しかしここの泉質は最高だ。肌がツルツルになる。ええ年こいたオッサンが「お肌ツルツル~」と言っても気持ち悪いが、とにかく女性には超オススメです。ここに毎日入ってたら、超美肌になりますね。露天風呂はこんな感じです。結構広いですよ~。

そして朝食!バイキング形式です。結果から言うと、ここの朝食は美味い!メインのオカズ系の種類は少なめですが、漬物や塩辛系、野菜が充実してますね。特に裏庭の温室で育てられたトマトが瑞々しくて最高。生玉子や温泉玉子、ソバとか色々メシの友も充実してます。味噌汁と三平汁も美味い。ついつい食べすぎてしまうのが難点(笑)。

代表も朝からこの笑顔~。後ろでゴハンをテンコ盛りにしようとするB.G KING の姿が丁度写ってますね(笑)。

朝食後はしばらく休憩して昼前に出発。午後から行われる会場設営とリハーサルという名の特別稽古会が行われる留辺蘂町体育館へ向かいます。が、夜の9時前まで延々と続く長丁場ゆえ、その前にいつものルベ唯一の喫茶店?ファミレス?の「エフ」へ。自分は毎年ハズレなしの「カツカレー」を注文。プラス暑いゆえにコーヒーゼリーサンデーを食べてしまう。まあいいか、今から死ぬほど動きまくるからな….と自分に都合のいいように納得させる(笑)。

 

B.G KING はオホーツク干貝柱塩ラーメンをオーダー。

腹を満たしたあと、いざ会場へ。

会場へ着くと。すでに宗家や兄弟子さんたちが設営にかかりはじめてたので、急ぎ足で中に入り、まずは宗家にご挨拶。

「おおっ!アベちゃん!よく来たな!」

と第一声。自分も一年ぶりに宗家のお元気そうなお顔を拝見出来て何よりです。すぐに荷物を置いて畳出しにかかる。途中、宗家から「アベちゃ~~~ん!」と号令が飛び、看板つけや打上げ会場のBBQサイトのテント張りなどを仰せつかり仕事させてもらいました。2回目なので段取りも掴めてるのでかなりスムーズに会場設営を終えることができ、しばし休憩を挟んでリハーサル。しかし暑い!うだるような暑さ。汗が体中から吹き出る感じ。総本部の方々も、こんな天気は初めてだ!と言っておられましたね。

代表のiphone7 plus で背景ボカシ撮影。この演武会に向けて少しでも貫禄あるように見せるために5kg体重を増やし、ヒゲを伸ばして臨みましたがどうでしょう?(笑) 映画「アンタッチャブル」でアル・カポネ役を演じるのにわざわざ太って髪の毛まで抜いたというロバート・デ・ニーロを見習ってみました(笑)。

とりあえず、代表と演目のリハーサル。自分と代表は阿吽の呼吸なので恙無くスムーズに進む。相性がいいんだなぁ。無理がないというかね。受けも絶妙のタイミングでとってくれるので技が非常にかけやすい。あとは去年みたいに順番や左右を間違わないようにするため、ひたすら頭のなかでイメージトレーニングを繰り返す。

途中、飲み物やお弁当の差し入れを有難く頂き、結局21時前まで延々と稽古が続きましたが、宗家はじめ大野兄、総本部の兄弟子さんたちから色んなご指導を頂き、相当内容の濃い稽古会になり大満足。特に宗家の魔法のような合気には正に「目からウロコ」でしたね。凄すぎます。なんでしょう、全く反応出来ないというか、瞬く間に技をかけられ腰抜け状態に。本当に魔法にかけられたような感じ。しかも全然痛くない。北斗の拳で言えば、まるでトキの拳ですね。これは自分が究極に目指しているものです。宗家曰く、

俺の技には愛があるんだよ!
だから痛くねえべ?

とのことですが、全くその通りでございました(笑)。一年ぶりに手を取らせてもらいましたが、改めてその柔らかいチカラの凄さに圧倒されっぱなしでした。合気道修行中の時は技をかけられると死ぬほど痛かったので相当嫌でしたが、宗家の技はかけられると何故か笑いが出てしまう。いや、笑うしかないだろ….みたいな感じで。周りで見てる人たちも巻き込んで物凄くにこやかな雰囲気になるのは宗家の器の大きい人間性のなせる業かと思うところです。正に、オヤジ様!という貫禄の方であります。もう1年分ぐらいの勉強をさせて頂いた感じですね。これはね、やはりルベに来て直接宗家の手をとらせて頂かないと分かりません。動画なんかでは絶対理解出来ない世界だと思います。

今回初ルベのB.G KING も MC-K も感動しぱなっし。嬉しくて嬉しくて震えてました(笑)。改めて無理してでも連れてきて良かったと思います。これで彼らのレベルも数段上がったんではないでしょうか。宿に帰っても稽古の感動話で夜中まで盛り上がってしまいました(笑)。

弁当を頂いたものの、やっぱり腹が減って帰りに地元のコンビニ、セイコーマートでオニギリなどを調達。カップ麺コーナーで北海道ならではの商品を選ぼうと迷ってると、ちょうど鉢合わせになった札幌麦秋会のアンディくんが「これオススメっすよ!」と中華スープ付きの「やきそば弁当」なるものを勧めてくれたので迷わず購入。

部屋に帰って頂きましたが、これは中々イケました!さすが北海道民オススメの一品。アンディくん、どうも┏○)) アザ━━━━━ス!

…….その3につづく

ツルギ北海道ツアー:北の大地は暑いよ! その1

年1回、北海道北見市留辺蘂町で開催される大東流合気武道総本部の演武会に「剣の会」8名で参加してきました。4泊5日の長旅でしたが、非常に濃い内容の5日間でした。一度には書けないので何回かに分けて順にレポートしたいと思います。

まずは神戸空港からスカイマークで新千歳空港まで。神戸支部からは支部長安部とB.G KING、MC-Kが参加。全員同じ便でフライト。12時台出発の便だったので、あらかじめ弁当をこしらえて用意。ついでに二人の分も作ってやりました。自家製チャーシュー+アミエビとピーマンのダシ醤油和え+だし巻き玉子+ジャガイモと人参と鶏挽肉のオイスターソース炒め+ドライキーマカレー。特にカレーと五香粉(ウーシャンフェン)を十分に効かせた自家製チャーシューの匂いが強烈でフタ開けた瞬間にかなり周りに充満したはず(笑)。

 

そして若干手狭なスカイマークの座席に収まりきれないB.G KINGの巨体(笑)。て、手摺が…..隣の人が使えない状態に(笑)。

そして約1時間50分のフライトを経て新千歳空港に到着。涼しい北海道を期待してきたものの暑い!ほとんど神戸と変わらんではないか!これは燃える男気MAXヒーロ黒木代表のせいなのか?高気圧が代表と共に北上してきたものと思われる(笑)。

レンタカーのカウンター前で東京本部・北海道支部の面々と合流して送迎バスにてレンタカーの支店まで移動。前回は4人だったのでステーションワゴンでしたが、今回は8名のため問答無用でハイエース。まずはMC-Kが運転を担当。いざ留辺蘂町へ向けて出発!

道央道は覆面パトカーが多いんで安全第一運転で!途中、黒木代表曰く「これを食べるために北海道に来た!」と絶賛の砂川SAのソフトクリームを食べに寄るが、8分差でアイスクリームコーナーが閉店。中のレストランにも同じものがあるというので、食べてみたが「違う!味が違う!」とご不満の代表(笑)。とりあえず、帰りに上り線で必ず食べるということで納得してもらう。

それから小休憩を何度か挟みながら約5時間後に留辺蘂(るべしべ)に到着。ホンマに遠い(汗)。先に3日間お世話になる塩別つるつる温泉にチェックインしてから遅めの夕食に北見市まで出かけるが、時間も21時をまわってたんで開いてる飲食店もまばら。東京+北海道組は去年行ったファミレスで手っ取り早く手を打とうとするが、去年行ってマズイというのを体感している自分としては、せっかくこの北の果てまでやってきてわざわざマズイもんを食うのは許し難いものがあるんで、ダダこねてしばらく他を探す。そして見つけたのがメチャ怪しい雰囲気のインド料理店。しかし持ち前の嗅覚が、ここはイケル….と判断したので即決。車を店の前に停めてイザ入店!「クリシュナ」という店です。

メニューは色々あったが、面倒なので1,000円の食べ放題をチョイス。しかし、これが中々悪くなかった!ナンも焼きたてのやつを次々出してくれるし、インド人というよりはネパール人のような店員さんも親切にしてくれた。これで1,000円???安すぎるやん!って思わず声が出る。

しかし店内は怪しい。ガラスケース棚におびただしい数の木彫りのトナカイとかある(笑)。

中には流氷カレーという得体の知れない色のカレーがあったが、これは断念した(笑)。

でも、かなり満腹になりました。とりあえず、最初の食事がアタリだったのは幸先がいい。それから宿に帰って露天風呂でロングドライブの疲れを癒やして、下世話な会話で2時頃まで夜更かしして就寝。

…….その2につづく

明日から北海道!

明日から5日間の北海道:大東流合気武道演武会ツアーです。道中はブログ更新しませんので悪しからず。帰神後また改めてレポートさせてもらいます。とりあえず、明日は新千歳から総本部のある留辺蘂(るべしべ)までロングドライブ。途中の砂川SAで超うまいソフトクリームを食べるのが楽しみです。黒木代表、予告通りゴチになりやす!(笑)

インスタグラムでは度々写真を投稿しますのでインスタグラマーの方はそちらの方で見てくださいね~。https://www.instagram.com/tsurugi078kobe/

 

夏休み…..自然からの護身!

もうすぐ夏休みが始まりますね。お子さんがいてはる家庭は旅行に行ったり、山や川、海やプールに出かけられるかと思いますが、開放的な気分になると同時に事故も多いので保護者の方々は十二分に注意を払って頂きたいと思います。

ウチも息子らが幼い時もよく海水浴に行きましたが、浮輪プラス必ずライフジャケットを着させてました。海や川をナメたらアカン。自然とは時に人間に対して恐ろしい牙をむくことを忘れたらいかん。そして僕はその状態でも片時も子どもから目を離しませんでしたね。一瞬の気の緩みが死に至ることを知ってますからね。過保護と言われるかもしれんけど、死んだら終わりやからね。自然の中で子どもを遊ばせる時はそれぐらい用心して丁度いい。

子どもって大人が予想しない行動とる時がある。だからそれを護ってやるのは親の責任です。最近はビーチでもライフジャケットも着てない、とても泳げないであろうと思われる幼稚園ぐらいの子どもたちが勝手に水際で遊んでるいうのに、パラソルやテントの下でスマホいじりに夢中な親を見かける事が多い。海水浴場やから….プールやから…..と安心は禁物です。水の恐ろしさをもっと知らなあかん。それから、

子ども連れて遊びに来てる時ぐらいスマホ触るな!

…….と、メガホンでビーチ中に響き渡るように叫びたい(怒)。余談ですが、去年の夏に豊岡の海水浴場で得体の知れんクラゲ(だと思う)に刺されてエライ目に遭いました。大人の僕でも耐えれんぐらいの痛みだってんで、これが子どもだったらと思うと、ゾッとしましたね。ホンマに自然をナメたらあきません。

海だけやなくて山や川でも同じ。最大限の安全策を講じたうえで遊ぶようにしてもらいたい。それも護身術の一環ですわ。自然からの護身。楽しいはずのお出かけが悲しい事故となりませんように、重ね重ね、保護者の方々にはお願い申し上げる次第であります。

倒したらアイスクリーム?

この蒸し暑さのせいでキッズクラスの生徒たちも集中力が欠けてダレがちになります。なのでピリッと刺激を与えて活性化させたらなあかん。ということでキックミットを持って構えた巨漢のB.G.KING(MCネーム)をキックで1ミリでも動かしたらアフターでアイスを買ってやると高らかに宣言。案の定、それ言うた途端に、いきなりテンションあげあげ~~(´∀`∩)↑age↑ になるキッズ(笑)。しかし、いつもの MC-K と違って重みが違うから、そう簡単にはいかんで~と一言そえるが、全然聞いてない。頭の中はアイスのことでいっぱいみたい(笑)。

おいおい!さっきと蹴りの勢いが全然ちゃうやんけ!(笑)
俄然ヤル気になってディズニーランドのアトラクションの順番待ちみたいな雰囲気になってる(笑)。やれば出来るやん!みんな一気に蹴りが上達しましたわ。下手な大人の蹴りよりか強力でっせ~。これは「生」で喰らったら泡拭いて倒れますね(笑)。

子どもって面白いですよ。ちょっとスイッチ切り替えてやれば目の色が変わってくる。子どものヤル気引き出せるかどうかは指導のやり方次第だと改めて思います。

暑い中の熱いオッサン同士の戦い

 

神戸支部スタジオ、一応空調はついてるんですが、ビルの集中管理システムなので、この狭い空間の中にこんだけの人数が動き回ると全然効かへん。しかもオッサン密集度が高いんで脂っこい汗と二酸化炭素(PM2.5?)で空気が濁ってくる(笑)。

しかも今月は防具着用で対打撃技法の実戦訓練がメインなんで余計に暑苦しい(笑)。今回は女性が数名いたんで一部中和されたけど、もっと爽やかな空気を運んでくれるディーンフジオカみたいな青年とか、武井咲のような甘い香りを充満させてくれるような女性が入会してくれるのを期待するばかりです(笑)。

『剣』は仕事が早い!

実戦護身術『剣』:対打撃技法「短刀」。至近距離からの突発的攻撃に対する技法です。ご覧の通り、ものの数秒で制圧まで持っていき終了。なんて仕事が早いんだ!正に忙しいビジネスマンにピッタリの護身術(笑)。
冗談はさておき、実際に打ち合うことなれば痛い思いはするし、警察なんかに通報されて事情聴取なんかされでもしたら後が面倒くさい。なので一撃必殺が基本です。面倒はサッサと終わらせる。そして何事もなかったかのように立ち去る(笑)。

簡単なように見えますが、この中に色んな武術のエッセンスが含まれてます。もちろん、ココでは詳しく言えません。知りたかったら入門してくださいね(笑)。

帰ってきたレンジャーと王子様

 

先週のマスタークラス。諸事情でしばらく休会していた高校生のツルギ王子もいよいよ本格的に復帰。加えて約1年ぶりにレンジャーYくんが登場。急に来るからビックリするやん!。前線基地に飛ばされて殉職したのかと思ってたからね(笑)。彼はSDS護身武術協会からの古株。仕事上、なかなか参加出来ないのが残念だが、ずっと神戸支部の大切な仲間です。こうして1年ぶりでも来てくれるのが嬉しいね。

で、今月から実戦形式の対打撃技法スパーリング。防具着用でガチ稽古です。目標は1分以内の制圧だが、これが中々上手いこといかん。型稽古に慣れてしまうとね、いくらグラップリングで鍛えてても、そこに打撃や蹴りが加わると一層難しくなる。勢い良く殴りかかってくる相手に対抗するには、ある “モノ” が必要になってくるんだが、それはココでは言えん。神戸支部だけの秘密ですわ(笑)。

それら秘訣については次回以降に詳しく解説していきます。いろんなタイプ、ボクサー・空手家・総合格闘系・BJJ系….によって攻め方も変わってくるから、それ相応の対応策は考えておきたい。そして実際にスパーをしてみて肌で感じ、いつでも対応出来るようにしておかないとね。野戦では無闇矢鱈に真正面から戦えばいいと言うものではない。知識と経験をフル活用して相手を誘い出し、罠にハメる。少々知恵が要りますよ。如何に効果的に最短で仕留めるか。色々考えますわ。

 

 

物事は一側面からだけ見るべきではない

今朝のニュースで格安航空(LCC)のバニラエアに車椅子で搭乗しようとした障害者の方が搭乗を拒否された挙句、タラップを這って登らされたという問題を報じていた。最初、メディア側の伝え方だけを鵜呑みにして聞いていると、あたかもバニラエアが非人道的で冷酷無比な会社のように感じる。おおよそ大半の視聴者がそう思っているだろう。

しかし、よく調べてみると、この当事者の車椅子の男性はバリアフリー研究所を名乗る団体の代表で過去にも様々なトラブルを起こしていることが判明した。確かに、内容をよく見てみると、航空会社側は予約時に次のような注意を促している。

 

 

なぜならバニラエアは格安運賃ゆえにそういった設備も整備されてなく、最小人員で回しているのでそのような介助が出来る余裕がないのである。だから5日前までに連絡をお願いしたいとバニラエア側は記しているのだ。それを車椅子であることを事前に連絡もせず強引に搭乗しようとしたこの男性に問題はないのか?もし、十分な介助を期待するなら、受入れ態勢が万全なANAなどの大手航空会社を選択すべきではなかったのか?メディアが詳細な調査も満足にせず、表層的な部分だけをすくい上げて、あたかも一方だけ悪者扱いするのは最近の手法であるが、この件に関しても、その事実を問題視しないのは報道に携わる者の怠慢という他はない。
もちろん、バリアフリーが当たり前の昨今において、障害者の方が搭乗出来る受け入れ体制を整備していない航空会社側にも責任の一端がないとも言えない。どちらにも言い分はあるだろう。しかし、ルール一辺倒の対応ではなく、状況に応じてもっと柔軟に対応出来ないものか。もし、この男性に対して航空会社のスタッフが最大限の誠意を尽くして配慮していたなら、最高の航空会社と逆に感謝されていたかもしれない。

相手に対して知的・感情的に動くのではなく、常に相手の気持ちを思いやる慈悲の心でお互いが接してほしいものだ。そうすれば、物事はもっとより良く解決出来るだろうし、こういう後味の悪いトラブルには発展しないだろう。

 

物事というのは多角的な性質を有するものであり、一側面のみに光を当てて見るものではない。一側面にだけ囚われていては大事なものを見失ってしまう。それは武術も然り。技法というのは、そんなに単純であるはずがない。その中に含まれる性質やその技の目的、その技が組み立てられた理由など複雑に絡み合っている理合を多方面から理解することが肝要である。

できる女子!

神戸支部がスタジオをお借りしてるコワーキングスペースplug078に今年春から入社したスタッフのリサちゃんです。一言でいうと、出来る女子!。仕事が早くて気が利く、そして可愛らしい。娘のような年齢ですが非常に落ち着いた安心感のある人。メンバーのみなさん、078でリサちゃんを見かけたら声かけてあげてくださいね~。