反射的に動く速さ

対打撃技法の最初のほうに学ぶレフレックス
ガード。これは人間の本能的な反射神経を最
大限に生かした実戦護身術『剣』の防御シス
テムですが、これは脳の思考を通さず、身体
が勝手に反応するので速い。

もちろん避けるだけでは、二発目、三発目を
喰らう怖れがあるので、即座に「雷」という
技法につなげ、反撃に転じるのですが、これ
もまた身体が自然に動く流れにのって行うの
で、瞬く間に相手の攻撃を封じます。

思考に頼らず感じて動く

これを何度も何度も繰り返し、身体に染み込
ませる。反復練習することで今度は考えずに
身体が勝手に反応するようになるのです。

 

タイトルなし-1250

実戦力をUPさせる

先週土曜のマスタークラス。
珍しくベテランメンバーが揃って欠席で新人Hさん以外は全員女子。
マスターなのにレディースクラスのような雰囲気になってしまいましたね(笑)。

実戦力をUPさせていくために今月からは対多人数を意識した稽古をしていきます。
手始めに1対2でグラップリング。これは中々難易度高いです。
しかし実戦だと複数相手という状況は多々ありますから、やはりトレーニングを積んでおかないと中々対応できるものではない。

まあ男性が女性2人に襲われる状況はさすがにないでしょうが、女性相手でもHさん相当苦戦してました。攻撃せずに捌くのみで襲ってくる相手を交わすのは難しいものです。でもこういう訓練を繰り返すことで自然と実戦感覚が養成され、知恵を使いながら相対する技術を学んでいくのです。

13151666_1729794917258633_5436744890178815534_n

笑顔でグラップリング

先月入会した双子姉弟のYちゃん。
めちゃくちゃ明るくて終始笑顔。
Yちゃん・Sくんファミリーは家族全員元気で笑顔なんです。

今日は対多人数のグラップリングをやりましたが、相当楽しかったようで、
もうニコニコしながらやるんですよね。これは楽しんでくれている証拠だと
思ってます。

僕は護身術は楽しい、武道って面白い!

と感じてくれることが何より大切だと考えてます。

面白くもないこと続けられますか?楽しくないこと一生懸命出来ますか?

出来ないですよね。面白い、楽しいから続けられる、一生懸命になれる。
そこが大事なんですよ。もし子どもたちが、つまらない、ヤル気がおこらない、
辞めたいと言うなら、これは指導者の力量不足だと反省せざるを得ません。
指導は一方通行ではいけません。指導はコミュニケーションだと思っています。

 

13131237_1728657184039073_1216164373118542419_o

護身術演武の難しさ

今日はキッズクラスがイオンモール京都で開催された「キッズ武術大会」に出演。中国武術や空手、少林寺拳法など色んな団体が演武を行うなかで剣護身術も演武を行いました。

キッズたち全員、真剣に頑張って演武出来て非常に良かったと思います。こういう人前で普段の稽古の成果を披露出来ることは、子どもたちにとっても良い成長の糧となるでしょう。しかし、今日やってみて改めて思ったのは護身術を演武として披露するのは非常に難しいということ。護身術は一撃必殺の技ゆえに基本的に人前で見せるようなものではない。それに空手や合気道のように型らしい型もないうえ、瞬殺でありますから、あまり見栄えするようなものではないんですよね。それを如何に演武という形で華麗なエッセンスを含ませて昇華させていくか?

そういう意味では我々の前に演武した中国武術は正に「演舞」という感じの派手なパフォーマンスで見応えはあったように思います。今年末に予定している関西合同演武会はこれらの課題をクリアして、見応えのあるショー的要素をふんだんに含ませた内容で全く新しい護身術の一面をお見せ出来るように、一から考え直していきたいと思います。

DSC05986

IMG_6056

IMG_6063

終わって一部の生徒たちを連れてJR京都駅の屋上庭園で鬼ごっこに付き合わされ、もみくちゃにされる支部長安部。このあとコマっちゃんも酷い目にあわされ….(笑)。

親子で楽しむ護身術

昨日の京都キッズ護身術、たくさんの子どもたち、ママさん参加で非常に盛り上がりました。可愛らしい一年生が大半で、仕草のひとつひとつが本当に愛らしい。ママさんたちもミット打ちでストレス発散出来て気持ち良かったようです。


今回は前半は親子共いっしよに、後半は別々に分けてレッスン。キッズはコマっちゃんに任せて、自分はママさん担当。コマっちゃんは期待以上の活躍をしてくれ、子どもたちも大いに喜んでました。

ふと、四年前に神戸で初めて親子セミナーを開催した時のことを思い出しましたね。あの時は黒木代表が大人を指導し、自分がキッズを指導。まだ指導者見習い状態で余裕なんか全くなく、かなりテンパってやってたのが懐かしく思えます。
初心忘れるべからず
今一度、あの頃の未熟だった自分を振り返り、反省しつつ、より良い指導を心掛けていきたいと思う次第です。
それといつも自分が気持ちよく指導に集中出来る環境を整えてくれる静香マネージャーには心から感謝です。余人をもって代え難い存在と感じてます。
神戸支部もだんだんスタッフ体制が強固なものになってきました。もっともっと世の多くの子どもたち、お母さん方に護身術を広めたい。それには自分一人の力では到底無理。一緒に頑張ってくれる仲間の存在が不可欠だと思ってます。
そういう意味でも、今日のセミナーは非常に有意義で素晴らしい内容だったのではないかと思うところです。

 

13095918_1724117887826336_3852890945167178736_n

熊本県のシンボル、熊本城のために

熊本の象徴的存在である熊本城。

加藤清正公が当時の最先端の技術と労力を投じて
築城した名城でありますが、今回の地震でかなり
の被害を受けたのはご存知の通りです。

熊本城は県のシンボルであると同時に、県民にと
って心の拠り所的存在であり、この城をいち早く
復旧させることは長い目でみて熊本県全体を復興
に導く原動力になるものと考えます。

公式サイトから災害復興支援金の詳細が発表され
ました。神戸支部ではこの熊本城災害復興支援金
に募金することにしました。目的が明確であるほ
うが、より納得して支援出来るかと考えます。

神戸支部でまとめて募金したいと思います。レッ
スン時に募金箱を設置しますので、支部会員の方
は何卒ご協力ください。非会員の方は下記のサイ
トで個々にそれぞれお願いします。
復元には10年以上の長いスパンが必要と専門家が
述べてましたが、出来るだけ早急に元の姿に戻っ
てもらいたいと願うばかりです。
◆熊本城公式サイト
http://www.manyou-kumamoto.jp/event/castle.cfm?id=1158

救援物資は被災地を襲う第2の災害

まず今回の地震で被害に遭われた方に心よりお見舞い
申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福をお
祈りいたします。

ご遺族のお嘆きは察するに余りあるものがあります。
かくいう自分も阪神大震災で被災した経験があります
ので、現地の方々のお気持ちは痛いほど分かります。
早く余震がおさまり、復興に向けての第一歩が踏み出
せますようにと願うばかりです。

さて、早くも各地で救援物資の手配などが進んでいる
ようですが、それは政府や自衛隊などが先に行ってい
ますので、個人レベルでの物資供給に関しては一旦控
えておくのが良策かと考えます。
現地は非常に混乱しており、まず物資が的確に必要と
されている場所に届く可能性が低い。また交通も寸断
された状況でいよいよ困難を極めると思われます。

そうしますと、全国から送られた物資は行き場がなく
なり山積み状態で、しまいには保管場所の確保さえ困
難になるという問題が生じます。これは阪神大震災で
も同じようなことが起こり、みなさんの善意が無駄に
なった経緯がありますので、ここは一旦、政府・行政
に任せるのが得策と心得ます。

阪神・淡路大震災では約100万個の小包が届けられ、
その膨大な量にボランティア関係者が忙殺された事実
を知ってください。そして、

救援物資は被災地を襲う第2の災害

と呼ばれていることを知ってください。それ自体が救
援の妨げになることも。我々がいま被災地に対して出
来る最良の方法は義援金であると考えます。

我々がすべきことは、現状に対しての支援でなく、復
興の手助けなのです。個人レベルでの本当に必要な支
援は混乱がおさまり、被災地が復興に向けて一歩踏み
出したときだと思います。

その時に必要なもの。それは復興の資金でありますか
ら、そのために信用できる機関へ寄付することが今わ
れわれに出来る一番の救援方法だと考える次第です。

 

SONY DSC
SONY DSC

得物稽古の必要性

特に武器所持者に対しては、こちらが素手対応というのは圧倒的に不利であります

から、何かしら武器になるようなもので対抗しなければならないと考えます。

我々も素手で刃物に対しての技法を稽古していますが、それはあくまで最悪の状

況においての手段であり、護身術としてはエスケイプ出来るなら、それに越したこと

はない。なので普段から得物の稽古を積んでおくことは、有事の際、必ず手助けに

なるでしょう。改めて剣術その他得物の稽古は必要だと思うところです。

 

京都キッズ護身術~奇跡のコーチング

京都長岡京市で今月29日(祝)にキッズ護身術
セミナーを開催します。毎回子どもたち、保護
者の方々から大絶賛のセミナー。

*子どもたちが元気になる!
*眠っている潜在能力と可能性を引き出す
*遊びを通して護身術を覚える
*ハードルをクリアすることで自信がつく
*親子で笑顔になるレッスン
*礼法を通して行う人間教育

…..などなど、『剣』でいいことずくめ。

内向的で人見知りな子どもも『剣』に来れば、瞬
く間に元気いっぱいの子どもに変身!一日限りの
セミナーなので遊びがてらお越しください!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆日時:2016年4月29日(金・祝)16:15~17:45

◆会場:長岡京市中央生涯学習センター交流室

◆講師:安部孝重
(神戸支部長・インストラクターLEVEL3)

◆参加費:小学生 2,500円
幼稚園 2,000円

(兄弟姉妹でご参加の場合:一人につき+1,000円)

*付き添い保護者は無料

◆持ち物:運動着・タオル・ドリンク

◆申込み:下記申込フォームからどうぞ

http://tsurugi-kobe.com/application_2.html

20160429 京都キッズ護身術01

ヒーロ黒木代表特別直伝2016 vol.1

実戦護身術『剣』KOBEセミナー、数年ぶりに復活!
参加者人数限定のため、お申込みはお早めに!
既に半数以上、埋まりました。残席わずか!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日時:2016年5月22日(日)13:15~15:45

場所:plug 078 Bスタジオ
(ANAクラウンプラザホテル神戸B1F)
*南エレベーターでお越しください

講師:ヒーロ黒木(剣護身術代表)

受講費:*剣メンバーズ会員:5,000円(税込)
*一般参加       :6,500円(税込)
*学生                   :4,000円(税込)

内容:◆「合気」を駆使した実戦的柔術技法
◆攻脈線を一瞬でおさえる対打撃技法
◆実戦レベルを想定した対武器技法
◆必殺の対拳銃技法・ガンディスアーム
◆これぞ究極の奥義!~対多人数技法

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<ティータイム懇親会>

時間:16:30~17:30
場所:ANAクラウンプラザホテル・ロビー
ティーラウンジ「The Lounge」

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇